Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
コラレホ砂丘を通る道路。フエルテベントゥーラ。カナリア諸島

スペイン陸路の旅

none

スペインには16,000キロメートルを超える高速道路があります。以下、スペインにおいて最重要な高速道路の一覧をご覧いただけます。

スペインの主な高速道路

 

道路路線距離と推定所要時間
A1マドリード - ブルゴス    250 km / 2時間半
A2マドリード - サラゴサ(バルセロナまではAP2と接続)    サラゴサまで:315 km / 3時間    バルセロナまで:620 km / 6時間
A3マドリード - バレンシア    350 km / 3時間半
A4マドリード - セビージャ(カディスまではAP4と接続)    セビージャまで:530 km / 5時間    カディスまで:650 km / 6時間
A5マドリード - バダホス    400 km / 3時間45分
A6マドリード - ア・コルーニャ    600 km / 5時間45分
A7とAP7地中海岸を北から南へ。フランス国境からマラガまで    1200 km / 11時間
AP8スペイン北部の高速道路。トレラベガからアビレスまで    175 km / 1時間45分
A9とAP9フェロルやア・コルーニャからポルトガル国境(トゥイ)まで    200 km / 2時間

高速道路

スペインでは、高速道路の大半は無料です。それらに高速道路(各方面一方通行で、横切る道路がなく、独立した道路)も含まれます。しかし、通行料金の支払いが必要となる道路もいくつかあります。アウトピスタと呼ばれる高速道路です。支払金額は、ケースによって異なり、一般的には、無料高速道路の代替道となっています。どの高速道路が有料かについては、こちらのwebでご確認いただけます。大都市へのアクセスに関しては通常、街への数多くの入り口がある環状道路を通じて行います。

夜のマドリードの高速道路A-1

お役立ち情報

規制された路上駐車:都市では一般的に、駐車メーターを通じて路上駐車を規制しています。駐車地域に色のついた線で示されているため、規制された区域を特定できます。通行制限:非居住者または汚染度の高い車両の通行を禁止または制限する目的地は少なくありません。その中でも、歴史地区へのエンジン車両でのアクセスを制限する都市は数多くあります。また、マドリードではゼロ排出または住民の車両のみが、中心街へのアクセスを認められています。場合により、そして汚染レベルに応じてマドリードとバルセロナは、主な環状線の内部における車両通行を制限します。通行料の支払い:現金、クレジットカード、または電子料金収受システムで行うことができます(車にデバイスを設置する必要があります)。スペインでの運転に関する当サイトのお役立ちアドバイスを参照することをお勧めします。