Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
自転車でカストロヘリス(ブルゴス)に到着した巡礼者

サンティアゴ巡礼の道を自転車で

none

サンティアゴ巡礼の道を自転車で旅することは、より多くの巡礼者が選択するオプションです。ほとんどのルートに道標が示されており、簡単に自分の位置を把握することができます。サイクリングを楽しみながら、今までとは違ったサンティアゴ巡礼の道を体験してみませんか?二輪で乗り出そうと思っているのであれば、多くの質問が浮かんでくることでしょう。

選ぶべき自転車は?

最良の選択肢はマウンテンバイクで、軽ければ軽いほど良く、ダブルサスペンションよりもリジッドなものがお勧めです。 シティサイクルを選択する場合は、いくつかのルートは制限される可能性があり、継続できる道を探さなければなりません。いづれにしても、タイヤの状態が良いこと、そしてメカニズム全体が適切に潤滑、調整されていることが不可欠です。また、すでに適応しているものを使用した方が快適になるので、巡礼の道では新しい装備や素材を使用しないようにしましょう。

カスティージャ・イ・レオンの畑を自転車で巡る巡礼者

必須携帯品は何ですか?

ヘルメット、自転車に乗るための快適な服(ライクラは通常、最も推奨される生地です)、適切な靴、反射ベスト、反射要素の付いたレインジャケット、手袋、サングラス、日焼け止め。自転車には、故障が起きた場合のための基本工具キットとして、パッチ、キー、接着剤、穿刺防止液、グリース、ロックおよび保護ケーブルを装備しましょう。

衣類や携行品はどこに入れますか?

巡礼者は荷物を運ぶのにサドルバッグを使うことが多いです。リュックサックの場合は、違和感を感じないように、また動きを制限しないためにも、できるだけ背負うのは避けましょう。携行する重量に関しては、15kgを超えないようにしましょう。より多くの重量を運ぶ必要がある場合は、Correos(全国の郵便事業者)を経由すれば、異なる段階の間に荷物を送ることができます。時期によっては運搬が困難な場合もありますが、自転車にトロッコをアンカーで固定する巡礼者もいます。

毎日の走行距離は?

常に体調や日々の天候に寄りますが、1日55km程度を目安とするとよいでしょう。

サンティアゴ巡礼の道への準備ができている自転車

どのように体調を整えておく必要があるのでしょうか?

選んだコースや距離に寄りますが、体力を備えておくに越したことはありません。習慣が必要なスポーツであり、起伏のあるルートを走るのにはある程度慣れておく方が良いでしょう。また、膝や体幹を強化して保護するためのエクササイズについても知っておきましょう。慎重になることが一番のアドバイス:前々の月から準備をして、似たような起伏やルートで練習しておく。

自転車でサンティアゴ巡礼の道を走るのに最適な時期はいつですか?

4月、5月、6月、9月がベストシーズンです。通常、気候が穏やかで雨量が大幅に減るためです。7月と8月も良いですが、暑い時間帯を避けるために早朝と昼下がりにルートを集中させましょう。11月から2月の間は雨のため、自転車でのルートはあまりお勧めできません。いずれにしても、雨が降る可能性やぬかるんでいる場所に備えて、毎日の天気を常にチェックしておくことが大切です。

アストゥリアスを通る古代の道の巡礼者たち

コンポステーラ(巡礼証明書)を取得できる移動距離は?

コンポステーラを取得するには、サンティアゴ・デ・コンポステーラ到着までに自転車で200km以上の距離を移動する必要があります。サンティアゴ巡礼の道を終了したことを証明する認定であり、取得するには、各段階で巡礼者パスポートにスタンプを押す必要があります。巡礼者ビジターセンター、ホステル、各国のカミーノ・デ・サンティアゴ友の会でパスポートを取得することができます。 

東部リオハ・ワイン街道のサンティアゴ巡礼の道

非常に重要な最後のアドバイス3つ

- 仲間と行くのがベストです。知人と一緒に行けば、道具や負担を共有できます。一人で行く場合でも、巡礼者の間でグループを形成するのは簡単で普通のことなので心配は不要です。- 可能であれば、1列1人(最大でも2列)で走りましょう。- 事前にステージの計画を立てます。携帯電話やGPS機器にルートをダウンロードし、ホステルで寝泊まりする場合は、徒歩でルートを歩く巡礼者は午後8時まで宿泊施設で優先されるため、収容人数の多いホステルを選びましょう。

自転車で巡礼者を追い越した後に見える道の標識クローズアップ