Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ヨットでグラスワインを楽しむカップル、バレアレス諸島メノルカ島。

バレアレス諸島のワインの味

バレアレス諸島

バレアレス諸島 と言えば、生粋の地中海ですが、とりわけその文化、伝統、海、そしてワインに注目です。主要3島におけるブドウ栽培では、上記の要素全てを体験できます。バレアレス諸島にお越しの際は、ワインで乾杯し、これまでにないような旅行を味わってください。 

2つの原産地呼称と6つの地理的表示に認定されているバレアレス諸島のブドウ畑は、ローマ時代から非常に高く評価されてきました。何世紀にもわたって 現地で 栽培されたブドウが、3種類のワインに非常に個性的な風味を与えています。これは地中海性気候の影響によるもので、その大半は赤ワインです。 ワインの世界をより深く知るべく、それぞれの島にあるワイナリーを訪れてみましょう。

マヨルカ島北部のブドウ畑の眺め

マヨルカ島は最大の島であるだけでなく、バレアレス諸島で唯一、2つの原産地呼称を持つ島でもあります。背後にトラムンタナ山がそびえるビニッサレム、および、海の近くのプラ・イ・リェバントです。どちらの場所も類まれな風景を誇る上、これらの地域に点在する様々なワイナリーではガイド付きツアーを開催しています。ここでブドウ栽培やワイン醸造に関する知識を磨き、学ぶことができます。

ビニサレムのシエラ・デ・トラムンタナ山脈の麓に広がるブドウ畑、マヨルカ島

イビサ 島のワインで興味深い点は、樽でワインを保管する際、桶の目詰まりを防ぐためにタイムを使用することです。この方法が、ワインに特別な香りと風味をもたらします。この地域では、ハーブが頻繁に使われます。 メノルカ島 のワイン醸造過程では、果物の香りやスパイスが使われています。  地元産のワインと バレアレス諸島の典型的な料理のマリアージュをお楽しみ下さい。定番料理は、マヨルカ風トゥンベット、ロブスターのスープ、コカという名のパンまで、じつに多彩です。 バレアレス諸島産でワインのティスティングはいかがですか? 

メノルカ島サン・ユイスのワイナリーの樽
に関する詳細をごらんください