Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ソブラサーダ

バレアレス諸島の料理

バレアレス諸島

バレアレス諸島

バレアレス諸島、五感の喜び


マヨルカ島、メノルカ島、イビサ島、フォルメンテーラ島の美食について語ることは、五感を楽しませてくれる豊かな料理について語ることです。島の資源を生かした料理であり、その歴史の中で列島を通過した人々の数多くの文明(ギリシア人、フェニキア人、ローマ人、アラブ人、フランス人、イギリス人など)の影響を受けてきました。

バレアレス諸島を訪れる旅行者は誰でも、2月のアーモンドの花の美しさに魅了されることでしょう。アーモンドの木の実は、パン、オリーブオイル、灌漑されたラマジェットと呼ばれるトマトと同様に、島の伝統的な料理には欠かせない要素です。賢く組み合わせることで、どんな食事にも美味しく加えられ、栄養価の高い朝食やおやつにもなり、原産地呼称付きのマオンチーズとの相性は抜群です。このチーズは、メノルカ島の他の地域で発祥した可能性があるにもかかわらず、そのチーズを輸出する船が出発したのがこの港だったので、この一般的な名前が付けられました。

各種の食材

サ・ポブラのジャガイモ、金色の島唐辛子、紫色のニンジンなどの特産品は、知名度が増してきています。しかし、バレアレス諸島の食生活の基本である魚介類や肉類を忘れることはできません。バレアレス諸島の伝統的な料理は、観光ブーム以前に島々で行われていた集中漁業と農業の成果です。豚とロブスターはガストロノミーの事実上の王様でした。腸詰製品は言うまでもなく、特にソブラサーダ(ソブラッサーダ・デ・マヨルカの保護地理的表示)も、十分に値する評判を得ています。また、魚は、美味しくて変化に富んでおり、スープの材料として広く使用されています。バレアレス諸島に到着した旅行者は、魚のスープ(バレアレス諸島の伝統的な魚はシラス)、ウサギの玉ねぎ和え、鴨のオリーブ和え、そして甘くても香ばしくても多種多様なコカなどの料理を味わうことができるでしょう。アロス・デ・セントージョや有名なカサゴのハーブ風や冬のスープなど、季節に応じてお試してください。メノルカ島の本当の贅沢といえば、ファースディッシュとして、そしてリピートするならば、他では味わえない一品として、カルデレタ・デ・ランゴスタがあります。そして、どの島でも、その多様な郷土料理があります。

エンサイマーダとその他の珍味

その土地ならではの豪華なデザートを堪能しなければ、食事は成立しません。欠かせないのは、カスエラ・デ・レケソンは、乳製品のデザートで、アプリコットのコカと同様に真髄となっています。我々は、普遍的に有名で伝統的なエンサイマーダ(特定呼称エンサイマーダ・デ・マヨルカ)、またはクアルトスと呼ばれる典型的な小さなビスケット、ルビオル、クレスペル、フラオまたはガトー・デ・アルメンドラを忘れることはできません。

リキュールとラタフィア

これらの美味しいデザートや食前酒に合わせて、パロ・デ・マヨルカ(地理的呼称Palo de Mallorca)、エルバス・マヨルカ、ジン・デ・メノルカ(地理的呼称Gin de Menorca)、エルバス・エイビッセンケス(地理的呼称Herbes Eivissenques)、フリゴラなど、様々な島々には伝統的なリキュールがあり、その種類は多岐にわたります。

ワイン

ワインに関しては、バレアレス諸島には現在2つの原産地呼称があります。ビニッサレムとプラ・イ・ジェバント・デ・マヨルカ。島々で発展してきた千年文化のワインであり、白ワインやロゼよりも赤ワインの方がより好まれています。また、ビノ・デ・ラ・ティエラ・イビサの地理的呼称も注目すべき点で、これはイビサ島で作られたワインの生産を網羅しており、非常に人気の高いワインです。

バレアレス諸島のクリスマス料理

クリスマスの食卓には、アーモンドのクリームスープやナダルスープ(肉詰めパスタ入り)、マオンチーズ、シーフード、七面鳥の詰め物、ハチミツとアーモンドで作ったお菓子などが並びます。最も伝統的な詰め物の中には、エスカルドゥムス・デ・ナダル(七面鳥にデーツ、プラム、トマト、さらにはソブラッサーダを加えたもの)があります。デザートには、コカのトゥロン、タンボール・デ・アルメンドラス、焦がし卵黄のトロン、クスクッソデ・メノルキン(カポンや七面鳥の詰め物に使われる甘い料理)があります。