Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バリオス・ルナ貯水池

オマーニャ渓谷・ルナ渓谷生物圏保護区

León

標高2,000メートルを超える山頂


2005年にユネスコの生物圏保護区に登録されたオマーニャ渓谷とルナ渓谷の植物相には、イベリア半島の固有種が多く含まれています。

オマーニャ渓谷とルナ渓谷のエリアはカスティージャ・イ・レオン州にあり、レオン県の北西部に位置しています。この地域には、セナ・デ・ルナ、バリオス・デ・ルナ、ソト・イ・アミーオ、ムリアス・デ・パレデス、リエ-ジョ、バルデサマリオの各自治体が含まれます。また、カンタブリア山脈とレオン山地の接点を形成する山々に囲まれています。南西部のカニャーダ山脈の標高は2,000メートルを超えます。さらに、この風景の中をルナ川とオマーニャ川が流れていることで、肥沃な渓谷と狭い峠道が続いています。動物相に関して言えば、ヒグマやヨーロッパオオライチョウといったスペインで絶滅の危機に瀕している種の一部にとって、この地域は生息地の南限とされています。

オマーニャ渓谷・ルナ渓谷生物圏保護区


レオン  (カスティージャ・イ・レオン)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:81.16 ヘクタール Eメール:turismoaytomuriasdeparedes@gmail.com Eメール:tecnicos@omanayluna.es TEL::+34 987 580 723 Webサイト:オマーニャ渓谷・ルナ渓谷生物圏保護区

レオン (カスティージャ・イ・レオン):

Barrios de Luna, Los.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    この地域には豊かな建築遺産があり、土着の興味深い芸術作品を見ることができます。一帯のさまざまな町には、100を超える数の宗教建築物が点在しており、そのほとんどがバロック時代のものです。

  • 環境情報

    オマーニャ渓谷やルナ渓谷には、カンタブリア山脈の固有種であるヤブノウサギをはじめ、ヒグマやヨーロッパオオライチョウなどに代表される多くの動物が生息しています。植生はイベリア半島の固有種が多く、白樺、柳、ハンノキ、ポプラに加え、2002年に登録されたミズナラ種の森林があります。

  • 観光情報

    レオンから高速道路AP-66を走れば、この地域の主要な町まで1時間以内で行くことができます。標識のあるハイキングコースがあるため、このエリアではさまざまなルートをたどる遠足に出かけることができます。