Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
グアラ山脈峡谷

グアラ山脈峡谷自然公園

Huesca

ピレネー山脈とエブロ渓谷に挟まれて


グアラ山脈峡谷は、二つの気候の間に植生の違いが見られるスポットで、南部は乾燥し、北部は青々としています。

公園は、アビエゴ、アダウエスカ、アインサ‐ソブラルベ、 アルケサル、アルギス、バルカボ、ビエルヘ、ボルタニャ、カルデアレナス、カスバス・デ・ウエスカ、コルンゴ、 ウエスカ、ロポルサノ、ヌエノ、 サビニャニゴの各自治体の一部を占めるように広がっています。標高は、アルカナドレ川の430メートルを起点に、トサル・デ・グアラの2,077メートルまで達しています。洞窟、丘陵、深淵、峡谷が数多く見られる、カルスト地形の自然環境です。ピレネー山脈 とエブロ渓谷の間に位置しているため、西岸海洋性気候と地中海性気候の両方にまたがっています。このことから、南部は乾燥していてセイヨウヒイラギガシの林の多い植生、北部はヨーロッパブナのような葉の多い植生という違いがはっきりしているのです。アルカナドレ川、グアティサレマ川、ベロ川、マスクン川の四つの主要な川が山脈を横断し、個性豊かな峡谷を生み出しています。

グアラ山脈峡谷自然公園


ウエスカ  (アラゴン)

スペースのタイプ:自然公園 面積:47,453 ヘクタール Eメール:info@rednaturaldearagon.com TEL::+34 974318238 TEL::+34 974 29 33 96 Webサイト:グアラ山脈峡谷自然公園 予約用電話番号:+34 9- 976 07 00 02

ウエスカ (アラゴン):

Abiego. Adahuesca. Alquézar. Bierge.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    公園の山脈には後期旧石器時代から人が住んでおり、当時の洞窟画が現在もフエンテ・デル・トルーチョの洞窟に残っています。

  • 環境情報

    丘陵、洞窟、深淵、峡谷など、カルスト地形の起伏が見られます。植生では、地中海性森林が見られ、ところどころ西岸海洋性森林と山地の牧草地が点在しています。動物では、シロエリハゲワシ、ヒゲワシ、イヌワシが際立っています。