Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ウエスカのサンタ・マリア大聖堂(アラゴン州)

ウエスカ

Huesca

肥沃なラ・オヤ地域には、2,000年以上にわたる歴史の主人公であるウエスカが鎮座しています。

中世の古い城壁の境界であるエル・コソは、カテドラルを中心とした興味深い街並みを区切るものです。

約2,500年前、現在のウエスカの地にはイベロ族の居住地ボルスカンがありました。ここは、紀元前2世紀の半ばには造幣業の重要な中心地として知られていたところです。1世紀ほど後、ローマの支配下にあったオスカ(この町に新たに付けられた名前)は、軍人セルトリウスの亡命先となりました。彼はここに元老院を設置し、後にセルトリアーナ大学となるアラゴン初の研究施設を設立しましたが、同研究施設は19世紀半ばに閉鎖されるまでウエスカに大きな文化的重要性を与えることになりました。現在、エル・コソ、ホアキン・コスタ、ロンダ・デ・モンテアラゴンの3つが、ウエスカの急峻な歴史地区を取り囲む帯を形成しており、その一番上には大聖堂があります。このゴシック様式の寺院は、13世紀末にハイメ1世の命により、古代ローマの都市のフォーラムがあったとされる場所に建設されました。「ラ・モレネタ」の像が立つ大聖堂前の広場には、コンシストリアル宮殿(市庁舎)(16世紀)があります。アラゴン風のしっかりとした建物で、両脇には塔がそびえています。近くのセミナリオ広場には、また別の必見スポットであるアラゴン王の古い王宮(12世紀)があります。伝承によると、この地でウエスカの鐘の刑が執行され、ラミロ2世修道士王の命により12人の貴族が斬首されたとされています。現在、この地には、考古学品や絵画作品の重要なコレクションを収容する県立博物館があります。メルカド広場のそばには古代ロマネスク様式の修道院サン・ペドロ・エル・ビエホ(12世紀)があります。県内最古の教会の一つであることから、一見の価値があります。ファサードの後ろには元々の形で保存されている美しい回廊があり、アラゴンの君主アルフォンソ1世戦士王とラミロ2世修道士王のパンテオンがあります。ウエスカのロマネスク様式には3つの重要な例があります。ラス・ミゲラス教会は12世紀初頭に病院として建てられたものです。サン・ロレンソのバシリカ教会堂もロマネスク様式で、その底面は焼き網を逆にした形をしています。また、サラス礼拝堂は12世紀に建てられたものです。かつて城壁が立っていたエル・コソでは、この県都にある特に緑豊かなスポットミゲル・セルベット市営公園を訪れることができます。ポルチェス・デ・ガリシアにあるクアトロ・エスキーナスは、街で最もにぎわいを見せる場所です。

グルメと周辺地域

肉と腸詰製品は、卓越したウエスカ料理において中心となる2つの食材です。テルナスコ・デ・アラゴンの原産地呼称を持つ子羊のグリルは、この地域全体を象徴する料理の一つです。タラ、オイル、ニンニクをベースにしたアホアリエロ・デ・ウエスカタラとカリフラワーの調理に欠かせない食材であるタラも同じく重要です。別の選択肢としては、ウエボス・アル・サルモレホ(肉や腸詰製品を添えたポーチドエッグの一種)があります。代表的なデザートとしては、マジパンの栗とコリネタが挙げられます。県内では、ソモンタノの原産地呼称付きの優れたワインを生産しています。ウエスカには、毎年何千人もの訪問者を魅了する豊かな文化遺産と自然遺産があります。県都から数キロ離れたところには、キャニオニングなどのアウトドアスポーツに適した自然空間であるグアラ山脈渓谷自然公園があります。アラゴンのピレネー山脈には、観光客にとって数え切れないほどの魅力があります。その最も特徴的な風景は、アンソ、エチョまたはテナといった山頂と緑の谷によって形成された土地に見ることができ、テナにいたっては生物圏保護区に指定されています。オルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園は、その動物相と生態学的価値の高さから、ピレネー山脈で最も重要な保護区域の一つとなっています。同様の理由から、ペルディド山は世界遺産に登録されています。この山の麓には、シンカ川のほとりに、居心地の良い山小屋のようなParador de Bielsaがあります。ピレネー山脈の最高峰とヨーロッパ大陸最南端の氷河は、ポセツ-マラデタ自然公園とアネト峰(3,404m)にあります。ウィンタースポーツが好きな人には、ウエスカのピレネーで国内屈指のスキーリゾートを楽しむチャンスがあります。アストゥン、カンダンチュー、セルレル、フォルミガル、パンティコサ-ロスラゴスなどがあります。アラゴンの道は、サンティアゴ巡礼の道のルートの一つで、ウエスカを通っています。フランスからは、ソンポルト峠(1,632m)を通ってスペインに入ります。カンダンチューとカンフランクを後にすると、ハカに着きます。この町では、12世紀に建てられた小型の要塞である城が特筆に値します。中世の面影が残る歴史地区では、16世紀にフェリペ2世によって建てられたシウダデラや、国定史跡に指定されているサン・ペドロ大聖堂を見学できます。このルートは、ナバーラ州に入るまでにプエンテ・ラ・レイナ・デ・ハカとベルドゥンを通ります。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。