Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
フラガス・ド・エウメ

フラガス・ド・エウメ自然公園

A Coruña

深い森の中で


エウメ川のフラガス公園は、スペインでも宝物といえる森林の一つとみなされており、ガリシア州海岸地域でも原生林が生き残った最も重要な地帯を構成しています。

自然公園はカバーニャス、ア・カペラ、モンフェロとポンテデウメの自治体にまたがっています。エウメ川の流域で区切られる空間であり、中山間地の風景であると言えます。穏やかな海洋性気候です。この公園の素晴らしい価値は、新石器時代から続いていることにあります。オーク林(フラガスと呼ばれる)は公園の中で2,500haにも広がっており、オーク(Quercus robur)が支配的になっています。オークはこの地域の文化において非常に重要なものであったため、長年にわたって古代の信仰対象となってきました。オークとともに重要なのはカバノキ、セイヨウハシバミやクリです。また、これらの木ほど頻繁には見られませんが、ピレネーオーク、フユナラ、ニレやコルクガシもあります。公園内には両生類が15種類、爬虫類が14種類、魚類が8種類、鳥類が103種類、そして哺乳類が41種類発見されています。これにより、スペインでも最も動物相が豊富な地域の一つとなっています。この地域に特徴的な種としては、キンシマサンショウウオとヤマネコが際立っています。

フラガス・ド・エウメ自然公園


Pontedeume, ア・コルーニャ  (ガリシア)

スペースのタイプ:自然公園 面積:9,125.65 ヘクタール Eメール:012@xunta.gal TEL::+34 881 063 992 TEL::+34 981 432 528 (Centro de Recepción) Webサイト:フラガス・ド・エウメ自然公園 予約用電話番号:+34 981440668

ア・コルーニャ (ガリシア):

Pontedeume.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    公園自体の中にカアベイロ修道院があり、エウメ川とセシン川の間にある小さな物見塔にあります。歴史芸術モニュメントに指定されたこの修道院は、中世建築の珠玉の一つであり、訪問する価値があります。西の門は、隣り合った柱で支えられた飾り迫縁2つから構成されており、これは素晴らしい角を持ち、十字架が交差している過ぎ越しの祭りの子羊で飾られたティンパヌムがあります。

  • 環境情報

    エウメ川のフラガス自然公園の重要性は、新石器時代よりほとんど変わっていない森林である点です。オークが最も代表的な樹木です。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン