新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
エストレマドゥーラ・シベリアの生物圏保護区の貯水池

エストレマドゥーラ・シベリアの生物圏保護区

Badajoz

スペインでも特に重要な淡水湖畔

生物多様性に富み、誰もがうらやむほどの静けさを誇り、また、全長1,000kmを超える淡水湖畔によって輪郭が描かれているエストレマドゥーラ州バダホス県のこの広大な保護地域は、2019年には生物圏保護区に指定されました。

グアディアナ川とスハル川流域に広がっており、5つの大きな貯水池を有しています。オレリャーナ、シハラ、プエルト・ペニャ、ラ・セレナ(スペイン最大の貯水池)、そしてスハルです。セーリングや釣り、その他のウォーターアクティビティをはじめ、野鳥類、水浴びもできる天然のビーチやプール、網の目のようにはしる小道、キノコ狩り用のルート、天体観測に最適な澄んだ空、ロッククライミングといったスポーツを楽しめる可能性などが、エストレマドゥーラ・シベリアの魅力といえます。さらにこの場所は、イベリアヤマネコなどの絶滅危惧種を含め様々な動物群の生息地でもあり、その見渡す限りの平野と、カシやコルクガシの牧草地が広がる大地には、おびただしい数のメリノ種の羊がくつろいでいます。シベリアの人口密度は1平方キロメートルあたり7人をかろうじて超える程度であり、ここでは人ごみから遠く離れた100%の自然体験が保証されています。この地域は、コルク、炭、薪、はちみつなどのオーガニック製品の産地としても知られています。

エストレマドゥーラ・シベリアの生物圏保護区


タラルビアス観光案内所またはプエルト・ペニャ洞穴生物ビジターセンター

Carretera N-430, Kilómetro 167

06640  バダホス  (エクストレマドゥーラ)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:155.72 ヘクタール Eメール:oit_talarrubias@hotmail.com TEL::+34 924631151 TEL::+34 924630100 Webサイト:https://turismolasiberia.juntaex.es/
お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    人間と自然の関係が深く織りなすこの風景は、水路インフラおよび農業や畜産の結果もたらされたものです。砦や洞窟画、ネクロポリスなどを含む発掘現場がいくつもあります。また、数多くの戦の舞台であり、騎士団の地でもあります。実際、プエブラ・デ・アルコセル城や、シルエラ城の跡地を訪れることもできます。最も人気のある文化を知るためにはシベリアのグルメを味わうのが良い方法です。エスカラプーチェ(川魚または豚肉のサラダ)、エストレマドゥーラ風ミガス(パン炒め)、各種シチュー(カルデレッタ)、豊富なデザート類、自生のクリアディーリャ(キノコの一種)やはちみつを使った品々が楽しめます。

  • 環境情報

    天然のビーチやプールのような大きな貯水池から成る「内陸の海」、森や広大な牧草地そして牧場の数々、また、オリーブ農園が、この地の特徴として挙げられます。その生物多様性は、動物群に表れています。インペリアルイーグル、ナベコウ、エジプトハゲワシ、クロハゲワシなど200種以上の鳥類が生息しているため、バードウォッチング愛好家にとってはこの上ない場所です。シカ、ノロジカ、イノシシといった哺乳類にも簡単に出会うことができます。水中では、魚類、爬虫類、両生類の多様な種が共存しています。

  • 観光情報

    カサレス、バダホスまたはトレドといった町から同じくらいの距離にあり、普通は車で約2時間、また、マドリードからはA-5とN-502経由で約3時間の道のりです。地方ならではの魅力をそなえた小さな町がたくさん見つかることでしょう。プエブラ・デ・アルコセル城の展望台に代表されるような各地に散らばる展望台を巡ったり、あるいは、ペロチェビーチ(エレーラ・デ・ドゥケ)、ビリャルタ・デ・ロス・モンテスの中世の橋、プエルト・ペニャの岩の絶景などを訪れたりするのもよい選択肢でしょう。エストレマドゥーラ・シベリア一帯では、ハイキング、サイクリング、クルージング、4x4ルート、バードウォッチング、アストロ・ツーリズム、キノコ狩り、ロッククライミングなどのアクティビティを手軽にお楽しみいただけます。