Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
アルバラシン

アルバラシン

Teruel

かつてタイファ王国の首都であったアルバラシンは、イスラムと中世の面影を完璧に残しています。歴史地区は重要文化財に指定されています。

アルバラシンの町に到着してまず驚かされるのは、要塞化された城壁の堂々とした姿です。その周囲は市街地をはるかに超えるほど大きく広がっています。現在ある城壁は、異なる時代に3度にわたって行われた建設によるものです。

10世紀には、要塞とアンダドール塔が建てられました。11世紀には、アルバラシンのタイファの王たちがエンガラーダ地区を取り囲む城壁を建設しました。レコンキスタ後、キリスト教の領主やアラゴン王が最後に新たな城壁を築きました。また、現在残っている砦や塔の大部分もこのときに建設されたものです。急な坂道を特徴とし、マヨール広場も坂道にあります。広場には町役場があり、グアダラビアール川を見下ろせる素晴らしい展望台が設置されています。現在のエル・サルバドール大聖堂は、旧司教館に併設されており、16世紀に建てられたものです。館内にある教区美術館では、フランドル産タペストリーの貴重なコレクションが展示されています。また、アルバラシン文化公園では、紀元前6,000年から1,000年にかけての旧石器時代以降の美術作品に触れることができます。ローマ時代は、アルバラシンからセリャまで続く全長18kmの水道橋など、最も多くの遺跡が保存されている時代です。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

その他旅のおすすめ