Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

サンタ・ルシア・デル・トランパル教会堂

Alcuéscar

Cáceres

今日まで保存された数少ない西ゴート王国時代の建物の一つである修道院教会は、西ゴート族の典礼特有のニーズを考慮して7世紀に設計されました。

これらの特徴は、独自の空間配置と、パレンシア県にあるサン・フアン・デ・バニョス教会のようにギリシャ文字のタウ(τ)の形をしたフロアから構成されています。ゴシック時代には1つの部屋に統一されており、当初は3つの身廊から構成されていましたが、その中でも最も大きく長いのは中央のものである一方、より狭いのは側面のものであり、単なる通路に近いものとなっています。長い袖廊 - 側面の後陣に直接アクセスできる興味深い扉つき - に開かれるのは、まっすぐで独立した礼拝堂3つであり、フォークのような側面の特徴がシュヴェに与えられます。3つともU字型の美しい凱旋門を有しています。 当初の石のヴォールトの大部分が保存されており、これらは礼拝堂へのアクセス空間の上で壮麗なドーム3つとともに交互に登場します。U字型の横断アーチ6つで支えられています。

サンタ・ルシア・デル・トランパル教会堂


Carretera EX-382, a 3 km en dirección a Montánchez

10160  Alcuéscar, カセレス  (エクストレマドゥーラ)