Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

サン・ベニート・エル・レアル旧修道院教会

Valladolid

旧サン・ベニート・エル・レアル修道院の光り輝くゴシック様式の教会は、その主要回廊がエレーラ中庭博物館の本部となっており、バジャドリードで最も古い建物の一つです。

フアン・デ・アランディアの計画図に従い、ガルシア・デ・オラベの協力で、1499年から1515年にかけて近くの採石場からの石灰石のみを使って、中世の王の要塞だったところに建てられたものです。似た高さの身廊3つがあり、当時非常に一般的だったホール式教会の雰囲気を醸成し、頑丈な橋大で補強されており、それにクロッシングなしの多角形の3重後陣があります。ティアスロン付きの複雑なリブヴォールトで覆われています。足下には説教台と高い聖歌隊席、そしてヒル・デ・オンタニョン(1569~1672)の後期の作品である大きな塔付きの門があります。この塔の下部のアトリウムに門が開き(いずれもゴシック様式の尖頭アーチ付き)、上部には半円の開いたアーチ(ルネッサンス様式)があります。

サン・ベニート・エル・レアル旧修道院教会


Calle de San Benito, 5

47003  Valladolid, バジャドリ  (カスティージャ・イ・レオン)

おすすめプラン

次の訪問