Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
国立彫刻美術館

国立彫刻美術館

Valladolid

美術と感動

中世から19世紀までにスペインの彫刻が達成した品質を雄弁に物語っています。

その収蔵物の中には、あらゆる種類の彫刻(祭壇画、台座、葬儀モニュメント、宗教行列など)や素材(木材、青銅、または象牙)が含まれています。このコレクションを通じて宗教画の進化を学ぶことができます。スペインでは多色染めの木材を使うことで頂点に達した宗教画は、素晴らしいリアリズム作品により深い感動を伝えることに成功したのです。スペイン・バロック様式の最も重要な彫刻家は、フアン・デ・フニ、アロンソ・ベルゲテとグレゴリオ・フェルナンデスの3人であり、それぞれ独自の題材空間を有しています。最も際立つ作品の中には、アロンソ・ベルゲテによる16世紀の聖ベニートの大祭壇画や、作者不詳の15世紀の十字架降架の祭壇画があります。さらに、2011年11月からは本美術館は、旧国立再生芸術博物館のコレクションも受け入れています。 美術館の本館は、当初神学者や神秘主義者、そして異端審問官の養成を目指していた15世紀の壮麗な建築サン・グレゴリオ学校です。また、近くにあるビジェナ宮殿と太陽の家といった建物も、美術館の一部を構成しています。

国立彫刻美術館


C/ Cadenas de San Gregorio 1, 2, 3

47011  Valladolid, バジャドリ  (カスティージャ・イ・レオン)

Eメール:museoescultura@mecd.es TEL::+34 983250375 Webサイト:museoescultura.mcu.es/
おすすめプラン

次の訪問