59の検索結果のうち49から59を表示

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
都市観光 | Bilbao

ビルバオ・アート地区

ビルバオ市内の通りは、まるで建築や現代アートの巨大な展示ケース。展示のほとんどは河口の周囲、ビルバオ グッゲンハイム美術館やアルビア庭園、国際会議場・コンサートホールの間のエリアにあります。ビルバオ・アート地区として知られるエリアで、文化とアートを街の日常に取り入れられるよう、年間を通じてアクティビティを実施する取り組みを行っています。

ピンチョ各種
グルメとワイン学 | Bilbao

ビルバオ、ピンチョからピンチョ

一口、多くても二口で、味と創造性を同じように楽しむ。それが ピンチョ。ビスカヤ、そしてバスク地方全体に広がるガストロノミーの偉大な主役のひとつです。つい見てしまうファッションのショーウィンドウのように、ビルバオのバルのカウンターは、新鮮さとたゆまぬ革新を見せています。もっとも定番で定着したピンチョと並んで、もっとも味にうるさい人たちを驚かせることを唯一の目的とする、斬新な創作料理を用意しています。

セビージャ、スペイン広場のフラメンコの踊り子
芸術と文化

フラメンコのリズムに乗りますか?楽しむには最高のエリア

アンダルシア発祥でありながら、様々な文化が融合したフラメンコは、スペインの芸術的パフォーマンスの1つです。2010年、ユネスコの無形文化遺産に登録され、音楽と歌、ダンスが混ざり合った、感情と情熱が満ち溢れる芸術的表現です。フラメンコを楽しめるスペインでの最高なエリアに身を任せましょう。

サンタンデールの眺望、プンタルビーチから望むマグダレーナ宮殿
都市観光 | Santander

サンタンデール、総帆を張って

サンタンデール(カンタブリア州)市街の海辺の散歩道は、世界で最も美しい湾に含まれ、特に2014年に世界セーリング選手権の舞台となってから、訪問に値するのに十分な魅力を備えております。海を目前にして美食を楽しむ天国のような美しい休日を数日過ごすのにもってこいのこの街は、建築家レンゾ・ピアノの晩年の作品の一つを備えるという特権を手にしています。そしてこの海辺の散歩道のほぼ反対側には、目を見張る建築物ラ・マグダレーナ宮殿と、カンタブリア海でおおわれた濃い緑の半島があります。

アルカラ・デ・エナーレスのセルバンテス広場
ルート

アルカラ・デ・エナーレスの文化ルート2つ。セルバンテスのルートとシスネロスのルート

アルカラ・デ・エナーレスは文学や大学の揺籃の地で、その歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されています。それを堪能できるマドリードからすぐ近のこの地には、文化遺産も数多く保存されています。作家のミゲル・デ・セルバンテスや枢機卿フランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロスは、この街で最も有名な人物2名であり、文化遺産や歴史に足跡を残しています。セルバンテスのルートとシスネロスのルートで、アルカラ・デ・エナーレスで最も文化的な側面を学びましょう。

ビルバオ市の風景
都市観光 | Bilbao

ビルバオ観光におけるサステナブル・モビリティ

町を堪能する方法は様々です。今こそ、本物の楽しみ方の一つを実践してみるときです。つまり、公共交通機関を利用するのです。ビルバオでは、現代的な公共交通網をはじめ、民営の交通システムも充実しているため、自分だけの街巡り、とりわけ持続可能な観光を実現することができます。国際機関「ザ・アカデミー・オブ・アーバニズム」により2018年のヨーロッパ最優良都市に選出されたビルバオの街において、また、ネルビオンの深い入り江の両岸に広がる都市圏において、さまざまなパノラマ風景に出会うための方法についてご紹介していきます。

マラガの眺め
都市観光 | Málaga

マラガ、「イット・シティ」…注目の国際都市

いくつかの理由から マラガ はスペインの主な文化大都市の一つとなっています。例えば ピカソの生家、現代アートセンター (CAC) や ロシア美術館 また カルメン・ティッセン、ポンピドゥーセンター初の国外拠点…さらに、30か所以上を数えるおすすめの展示スペース。これに映画祭、食の祭典、一か月にわたる音楽祭が加わり、国内外のイベントスケジュールの間を縫って、水を得た魚のように躍動する街となっています。

表示中

59の検索結果のうち49から59を表示