Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
パパス・コン・モホ

カナリア諸島の料理

カナリア諸島

カナリア諸島

カナリア諸島、輝く太陽とグルメ

よくカナリア諸島は「幸運の島々」と呼ばれることがありますが、それは一年中太陽の光を浴びているからであり、空と海以外に国境がないからです。半島とは異なる動植物や文化の中で、あらゆる種類の宝を目にすることができるからです。しかし、これらの島に足を踏み入れた人たちは、この太陽、この海、この自然の豊かさを感じるだけでなく、美食の分野にまで及ぶ豊かさを享受できる幸運な人たちと呼ぶ方が適切かもしれません。

カナリアの人々は気高く、親切で、ユーモアがあり、根強い風習があり、それは特に料理に反映されています。シンプルで栄養価が高く、食欲をそそる料理で、グアンチェの伝統の成果です。

味と素朴さ

素朴さはカナリア諸島の料理のアイデンティティの表れです。料理の多くに見られる重要な材料の一つは、非常にシンプルなゴフィオです。小麦やトウモロコシの粒をトーストしたゴフィオは、朝食の基本であり、さまざまな島国の煮込み料理に添えられたり、特有のトゥロンが作られたりすることもあります。モホも同様です。殆どの食事に付いてくるソース(全てがソースではないが)に過ぎません。モホ・ピコン(コショウ、酢、オリーブオイル、ニンニク、クミン、塩、パプリカ入り)とモホ・ベルデ(パセリとコリアンダーから作られ、よりマイルドな風味)は、カナリア諸島の代表的な料理です。他にも、モホ・シラントロ(コリアンダー)、モホ・デ・アホ(ニンニク)、魚との相性が良いモホ・デ・アサフラン(サフラン)、モホ・デ・ケソ(チーズ)、アルモグロテ・ゴメロ、特別な日にはユニークなモホ・パルメロなど、たくさんの種類のモホがあります。かつてアメリカ大陸に向かう途中のカナリア諸島では、トマト、バナナ、ジャガイモなどの食材を使って料理が豊かになっていました。この塊茎は、間違いなくその最も有名な典型的なパパス・アルガーダスの食材の一つです。非常に塩分の多い水(可能であれば海水)で皮と一緒に煮て、調理されたパパス・アルガーダスには、緑や赤のモホが添えられます。

魚とモホ

諸島では魚は欠かせないものであり、カナリア諸島も例外ではありません。オオハタ、カナリーダムゼル、タイセイヨウサケ、スズキ、鯛、ボガ(コイ科)、サバなど、特にビエハ(ブダイ科)など、質の良い魚がいます。魚は通常、塩で調理され、背開き、またはハレアード(天日で乾燥させ、味付けしたもの)、カソン、郷土料理の代表的なものであるトジョスが生み出されます。伝統的なサンコチョも魚を使ったものです(塩漬けにした魚を前夜に漬け込み、半皮をむいたジャガイモやサツマイモと一緒に煮て、モホ・ピコンやモホ・ベルデを添えて食べます)。当然のことながら、魚以外にも、列島では魚介類は欠かせません。カナリア諸島で最も代表的なのは、夏の間、通常鉄板焼きにされるセイヨウカサガイです。サザエやアサリもあります。カナリア諸島にはあらゆる種類の肉があります。可能であれば、サルモレホでウサギを味わう機会をお見逃しなく。また、子ヤギや子牛を選ぶこともできます。そして、ビエンメサべ(蜂蜜と挽きアーモンド)、ナミェ、トゥルーチャ・ナビデーニョ(サツマイモ、アーモンド、レーズンやカベージョ・デ・アンヘルを詰めたパイ)、イエロ島のケサディージャ、トルタ・ビラーナ・デ・ラ・ゴメラ、グラン・カナリア島のマジパンとアーモンド、ラ・パルマのラパドゥーラなど、他にも地元のお菓子が多くあります。

果物の楽園

カナリア諸島の気候は、スペインの他の地域とは異なるので、半島では熱帯として分類されるざまな果物の栽培に特に適しています。諸島の代表的な特産品はバナナだけではありません。他にもたくさんの果物があります。パパイヤ、ペピーノ、桃、マンゴー、アボカド、パイナップルなどは、カナリア諸島を旅している途中で見つけることができる果物です。

カナリア諸島のクリスマス料理

どこでも見られるお菓子があります。カベージョ・デ・アンヘルやサツマイモが入ったパイの一種「トゥルーチャ」です。フランゴジョ(プリンの一種)もテネリフェの代表的なデザートです。もちろん、パパス・アルガーダス・コン・モホや美味しいチーズ、火山性の土壌で栽培されたブドウから作られたユニークなワイン、豊かで変化に富んだトロピカルフルーツのジュースなど、カナリアの定番もお見逃しなく。

おすすめプラン

その他の興味があると思われるレシピ