Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バレンシア州バレンシア県クジェラのビーチで練習するサーファー

バレンシアでサーフィンを楽しむベストスポット

none

スペインでは、日没が遅くカラフルなビーチバーに彩られた長いビーチがある、地中海の魅力的なライフスタイルを楽しむことを知る多くの観光客が、バレンシアの沿岸部にを訪れています。また、地中海でいい波を探すサーファーが一年中訪れる特別なスポットもあります。バレンシアのサーフィンのベストスポットを知りたいですか?

  • バレンシア州バレンシア市ラ・パタコナビーチの空からの眺め

    街から歩いてすぐのラ・パタコナとポート・サプラヤのビーチ

    アルボラヤ村のビーチはサーファーに人気があります。その理由の1つは州都バレンシアに非常に近いからだと思われますが、その立地から、平日にちょっとビーチに出かけたいと思う人や何キロも移動せずにサーフィンをしたい人にはぴったりです。最も有名なビーチはラ・パタコナです。都市部にあるビーチで、風がオフショア(海の方向に風が吹く事)になる冬にサーフィンすることをおすすめします。このビーチを訪れるサーファーの数は年々増えており、サーフスクールに来る初心者や、SUP(スタンドアップパドルボード)やウィンドサーフィンといった他のマリンスポーツをする人もよくいます。どのスポーツを選ぶにしろ、このビーチの海流には注意してください。長時間スポーツをした後は、ラ・パタコナの海岸遊歩道の店でアルボラヤ名物のオルチャータでリフレッシュしたくなるでしょう。ノースビーチとサウスビーチは釣り人やサーフスクールの生徒がよく訪れます。ここではシャワーやサーフィン用具のレンタルといったサービスがあります。波の高さが変化に富み静かな雰囲気のビーチ(ビーチバーなし)は、ポート・サプラヤの住宅エリアにあります。ここは小さなベニスとしても知られています。

  • アルブフェラ自然公園のエル・サレールのビーチでもサーフィンできます

    アルブフェラ自然公園にはこのエリアの生い茂った植生とは対照的なビーチがあります。よく知られているのがデベサ、エル・サレール、ガロフェラアブレ・デ・ゴスです。その中で一番いいと思われるうちのひとつがエル・サレールのビーチです。静かで水がきれいなあまり人の来ないビーチで、他のビーチでよくある騒がしい雰囲気から逃れたい人にはぴったりです。人は少なくても、様々な種類の渡り鳥がよく飛来します。渡りの途中の立ち寄り場所であるためです。横になって渡り鳥が空を飛んでいるのを見るのもいいかもしれません。

  • 海岸から波を眺めるサーファー

    バレンシアのサーフィンのメッカ、ラス・アレナス

    ラス・アレナスはビーチバーがいっぱい並ぶ非常に広いビーチで、バレンシア市内にあります。3つの特徴があり、特に暑い季節は多くの観光客を惹きつけるレジャースポットになっています。どのシーズンでもサーフィンはできますが、秋と冬がおすすめです。このビーチのいいところは、防波堤、広い砂底、知らないうちに波のピークまで連れて行ってくれる離岸流などが挙げられます。それでも、いくつかのエリアに点在する岩場には注意が必要です。

  • マレニェト・ビーチ、フカル川河口でのサーフィン

    マレニェト・ビーチは、フカル川河口にあるバレンシア地方の漁師町クジェラにあります。人気の少ないビーチを求める経験豊かなサーファーがよく来る場所です。 底質は平らな砂地でうねりが少なく、右にブレークする傾向にあります。岩場のエリアを避け、(年中できますが)秋と冬にサーフィンすることをアドバイスします。さらにこのクジェラのビーチでは、1日でバレンシアの他のビーチの2倍楽しめます。スポーツで空腹になったら、クジェラのおいしい料理を試すためにバルを訪れたくなるでしょう。

  • バレンシア州バレンシア県クジェラのエル・ペレリョービーチで遊ぶ子どもたち

    エル・チバス、ペレジョ・ビーチの人気スポット

    クジェラから北上して、ペレリョー・ビーチ(スエカ市にあります)まで行きましょう。そこにエル・チバスと呼ばれるエリアがあります。底質は平坦な砂地で年中どのシーズンでもサーフィンできるので、行くだけの価値はあります。アドバイスをするとしたら、冬に訪れるのがおすすめです。冬にここの本当の良さを楽しめるからです。もっとサーフィンをしたいのなら、バレンシアのサーフィンエリアはこれだけではありません!サグント港、オリバ・ビーチ、ドセル・ビーチ、アウイルといった場所も考慮に入れてみてください。バレンシアでは、「シャカ」と言って訪問者を暖かく迎えてくれます。(「シャカ」とはサーファーの挨拶の言葉です。) 

に関する詳細をごらんください