Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
メノルカ島シウタデラのモンテフィ タラヨッツ集落にある3つのタラヨッツ

タラヨッツを発見する

Menorca

メノルカにしかない先史時代の遺跡


メノルカ島は、美しい入り江以外にも、とりわけ好奇心旺盛な人々のために別の宝物を大切にしまっています。今回は石で作られた宝物の話です。その宝石とは、タラヨッツ、タウラ、またはナベタのことで、島中に点在する一風変わった巨石建造物です。島には約1,600もの先史時代のモニュメントが集中しています。これらの考古学的遺跡を訪れる際に非常に快適だと感じるのは、ほとんどが風景と一体化し、屋外にあるからです。一瞬だけ先史時代に戻ることがこれほど容易だったことは、未だかつてありません。

バレアレス諸島の個性豊かな考古学

ターコイズブルーの海水と地中海の植生の緑の合い間に、古代の岩の灰色のバリエーションが忍び込んでいます。タラヨッツ文化は、その魅力を高める独占姓でメノルカのカラーパレットに押し入ってきます。マヨルカと並んで、タラヨッツが 存在した世界で唯一の場所ですメノルカに定着した初期の文明の生活を再現するこれら先史時代のモニュメントは、そのほとんどが紀元前9世紀のものです。こういったデータは、訪問者の好奇心を高め、島の歴史を「石ごとに」知るよう駆り立てます。したがって、次に挙げる謎が生まれます。これらの建造物ひとつひとつの有用性は何だったのでしょうか?   

ソン・フォルネスのタラヨッツの空撮

儀式、ネクロポリス、団結のシンボル

タラヨッツは高さ5メートルにまで達する石の塔であるため、観察するには、見上げる必要があります。防御的な目的を持つこと、周囲を制御するのに役立つことに加えて、タラヨッツは、コミュニティの団結のシンボルのようなものと見なされていました。タウラ は、例えば、豊穣の儀式、動物の生贄、さらにはアンフォラ割る儀式が行われていた聖域でした。これらの空間において、火の存在は非常に大きなものでした。メノルカにしかない別のタイプの建物は、中サイズの石で建てられた集合墓、ナベタです。島の断崖や峡谷の合間には、葬式用の洞窟や、前出のタラヨッツ、タウラ、ナベタとは異なり、アクセスが難しいやネクロポリスもあります。

メノルカ島シウダデラのあるナベタ・デルス・トゥドンス

マオンからシウダデラへ

慣習にとらわれない考古学者の精神を養うための旅程候補は、メノルカの内陸部を横切る道路(Me-1)の端から端までを行く旅程です。島の東から西へ進む、戦略的な脇道のあるコースのことです。膨大な数のタラヨッツ遺跡が存在するので、最も保存状態の良いものに焦点を当てることを目的としています。いくつか例を挙げてみましょう:-トレプコの村落(マオンから2キロメートル)-ビニアニ・ノウの巨石墓(マオンから5キロメートル)-トラルバ・デ・エン・サロルドのタウラ(マオンとアライオールの間)-タライ・デ・ダルトの村落-カレスコベスのネクロポリス-ナベタ・デス・トゥドンス(シウタデラ)-トレトレンカダのタウラデ(シウタデラ)いずれにせよ、そして冒険家の第六感に欠ける場合、メノルカの タラヨッツ文化 の最も象徴的な遺跡を訪問するガイド付きツアーもあります。これらの風変わりなモニュメントをより正確に知る助けになるはずです。

メノルカのトレプコにあるタウラ
に関する詳細をごらんください