Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
メノルカのサルブフェラ・デス・グラウ

スペインと、国土の端にある貴重な自然公園

none

スペインは驚くばかりの自然環境に囲まれています。具体的には131もの自然公園があり、さまざまな色や新鮮な空気、懐かしい匂いに満ち満ちています。現実の世界とは完全に異なった環境です。スペインにある最も極端なものを発見したくありませんか?スペイン領土の四方位の各先端にある4つのものです:

スペイン最西端の自然公園この国で最初に日が昇るのはクンブレ・ビエハ自然公園で、ラ・パルマ島にあります。この公園は火山と溶岩流を保護するために造設されました。訪問時には、北から南までを縦断する小道「ルタ・デ・ロス・ボルカネス」をハイキングできます。 スペイン最東端の自然公園 西に進んだ太陽がやがて沈むのはサルブフェラ・デス・グラウ自然公園で、メノルカ島にあります。水生鳥や猛禽類がいるのが特徴です。カミ・デ・カバイズとして知られる最も有名なハイキングルートを歩くことができます。このルートは、ファバリックス灯台やプレシリとトルトゥーガの入り江を通ります。

ラ・パルマの火山地帯

スペイン最北端の自然公園国の北部に目を向けると、カンタブリアにサントーニャ、ビクトリア、ホイエル湿地自然公園があります。グリーン・スペインと呼ばれる地域やスペイン北部に生息する水生鳥にとって、最も重要な湿地帯なのです。スペイン最南端の自然公園南部では、ピランコネス自然公園がグラン・カナリア島の山岳地帯の約5,800ヘクタールを占めています。ピランコンというのは、その昔、水路が干しあがった後に残った水たまりを意味していたのをご存知でしたか?北、南、東、そして西。スペインには訪れるべき131もの自然公園があります!

サントーニャの湿地
に関する詳細をごらんください