Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カナリア諸島のピランコネス自然保護区

ピランコネス自然公園

Gran Canaria

最古の風景


小さな高原が連なる中を峡谷が縦横に走り、島内最古のエリアに絶景を生み出しています。

公園の北側はヌブロ農村公園に、東側はファタガの保護された景色に隣接しています。最も標高の高い場所には、ピナール・デ・イナグア、オヘーダ、パホナレスがあります。公園の形態は、中程度および低い標高のエリアが続く中をいくつかの峡谷が横切るという構成で、そこには非常に美しい景色が広がっています。ここは島で最も古い地域のひとつで、1200万年以上も前の物質が残っています。このエリアは、鳥類特別保護区にも指定されています。植物目録の観点から見ると、低地にはカナリアトウダイグサやユーフォルビア・バルサミフェラの一帯が広がり、中間地と高地にはマツやロックローズが生えていることが特筆されます。樹木の中でも、松林としては島最大の面積を誇る「ピランコネス松林」が注目に価します。また、リュウケツジュやビャクシンがまだらに生えている様子も目にすることができます。動物相での特記事項は鳥類のコロニーが数多く存在する点です。中でも、カナリーアオアトリやアカゲラといった種がとりわけ目につきます。細い水流のそばではオナガカエデチョウが際立っています。

ピランコネス自然公園


San Bartolomé de Tirajana, グラン・カナリア島  (カナリア諸島)

スペースのタイプ:自然公園 面積:5,794 ヘクタール Eメール:medioambiente@gobiernodecanarias.org TEL::+34 928 219 421 Webサイト:ピランコネス自然公園

グラン・カナリア島 (カナリア諸島):

San Bartolomé de Tirajana.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    近くにはサン・バルトロメ・デ・ティラハナの町がありますが、文化的環境という観点から最も重要なことは、スペイン人による植民以前の痕跡が数多く存在するという点です。中でも、アルテアラのネクロポリス、ロス・カセロネス、ヒタガナ、ロス・カナリソス・デ・チラ、ロモ・デ・ラ・パルマ、ロモ・デ・ペドロ・アフェンソなどが特筆に値します。

  • 環境情報

    この公園はグラン・カナリア島の南部に位置しています。優れた景観美と高い地質学的価値を持つ峡谷の連なりから形成されています。

  • 観光情報

    サン・バルトロメ・デ・ティラハナの町からマスパロマスに向かう道路を利用してアクセスできるうえ、公園への出入りも自由となっています。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン