Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
テイデ山を背景にした、グラン・カナリア島の岩場からの眺め

グラン・カナリア島生物圏保護区

Gran Canaria

大陸のミニチュア版


2005年にユネスコによって登録されたグラン・カナリア島生物圏保護区には、島の面積の43%と南西部沿岸の広大な海域が含まれています。

カナリア諸島の一つであるグラン・カナリア島は、フエルテベントゥーラ島テネリフェ島の間に位置しています。火山起源のこの島は丸い形をしており、最高地点は島中央にあるピコ・デ・ラス・ニエベス(1,949m)で、円錐形の地形が特徴です。標高が高く、独特の地形をしているため、さまざまな微気候や生息地が存在しています。グラン・カナリア島は、渓谷や山頂、海岸、森林、断崖など、非常に多様な景観を持つことから「ミニチュア大陸」と呼ばれています。島の南西部にあるアルデア・デ・サン・ニコラス、アルテナラテヘダといった各市町村をはじめ、サン・バルトロメ・デ・ティラハナアガエテモガンといった標高300m以上の地域全体、海洋帯、島の中央部のエル・ヌブロ農村公園内にあるベガ・デ・サン・マテオの一部など、面積1,560㎢のほぼ半分が生物圏保護区となっています。この地域には、イナグアタマダバピランコネスなどの自然公園や、クエンカ・デ・テハダの巨大な盆地があり、そうした山々から渓谷や農地の谷間を通って海岸まで、雨水の排水網が張り巡らされています。一般的に、主としてサボテンとユーフォルビアが分布する乾燥・半乾燥環境、世界でも珍しいカナリア諸島種の松林が際立つ亜湿潤環境、ブナ林・ヒースの植生と月桂樹林の痕跡がある過渡的湿潤環境と、3種類の生態系に分けられます。また、沿岸にはアカウミガメやバンドウイルカ、ハナゴンドウなどの鯨類が生息しており、生物多様性に富んでいます。

グラン・カナリア島生物圏保護区


グラン・カナリア島  (カナリア諸島)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:100.46 ヘクタール Eメール:pmperezs@grancanaria.com TEL::+34 928 21 94 21 - ext 44113 Webサイト:グラン・カナリア島生物圏保護区

グラン・カナリア島 (カナリア諸島):

San Bartolomé de Tirajana.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    島の主要産業は観光ですが、常に自然を尊重することが重視されています。島の環境保護に対する意識は非常に高く、例えば小規模漁業、農村観光、水の消費を最適化する灌漑システムなど、様々な分野で持続可能な手法を採用する傾向があります。そうした点では、グラン・カナリア島の家庭は欧州連合の中で最も水の消費量が少なく、見習うべき事例となっています。

  • 環境情報

    グラン・カナリア島は、その小さな面積にもかかわらず、マカロネシア特有の自然環境や数多くの固有種の動植物を観賞することができる、非常に優れた生物多様性を有しています。この生物圏保護区に登録されている600種の植物のうち、95種がグラン・カナリア島の自生種、101種がカナリア諸島の固有種、32種がマカロネシアの固有種です。陸上動物では、固有種のカナリーアオアトリやカナリアオオトカゲなどの鳥類や爬虫類が豊富で、海域にはイルカ、イロワケイルカ、クジラなどの哺乳類が生息しています。

  • 観光情報

    グラン・カナリア島へは、主都のラス・パルマス・デ・グラン・カナリアに向けて飛行機と船で簡単にアクセスできます(国際空港は市内からわずか18km)。また、他のカナリア諸島とも、島間のさまざまな空路・海路で結ばれています。島内の2地点間の距離は最大47.5kmまでなので、島を探索するにはレンタカーが便利です。