新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
マラガの全景

マラガでの2日間

Málaga

マラガ観光で見逃せないスポットをご紹介

マラガは近年文化革命を起こしています。パブロ・ピカソ生誕の地として興味深い美術館がオープンし、 ラス・アルテス地区(Barrio de las Artes)のような一見風変わりな地区に、ストリートアートが生まれました。そこにビーチでの海水浴、何世紀もの歴史を刻むモニュメントを訪れる、テラスで日光浴しながら典型的な料理をいただくオプションを加えれば、大満喫の2日間となることでしょう。きっとコスタ・デル・ソルの首都を隅まで見て回る時間はほとんどないと思いますが、そうすれば帰国する完璧な言い訳ができます。

初日

主要な美術館やモニュメントが点在する街の旧市街地は、マラガ一日目の拠点となります。

移動: 徒歩で / 期間: 1日

夕暮れ時のマラガ大聖堂

歴史地区を散歩

荷物の整理ができたら、充実の週末がスタートです。午前中は恐らく街で一番象徴的な通りである、ラリオス通りからスタートしましょう。活気に溢れ、沢山のショップが集まるこの歩行者専用道路は、マラガの雰囲気を味える最適の場所です。メモ: クリスマス時期ならこの通りで行われる光と音のショーをお見逃しなく。美しいコンスティトゥシオン広場に着いたら、ここで一杯、一息入れましょう。マラガでは9通りものコーヒーの飲み方があるのをご存知でしたか?例えば、『ソンブラ(sombra)』なら3/4がミルク、1/4がコーヒーとなります。徒歩5分以内のところに、「ラ・マンキータ」と呼ばれる化身の聖大聖堂教会があります。これは、建設中に工事が中断し、南塔が未建設のままであるためです。モニュメント内部では、近距離から興味深いものを鑑賞できます。特に高さ50メートルにも及ぶ大聖堂の屋根に登る体験は、気に入っていただけるはずです。ここからの眺めは、他とは比べ物にならないでしょう。魅力的なサン・アグスティン通りに沿って散歩を続ける価値があります。この通りには、マラガのピカソ美術館もあり、マラガで生まれた世界的に有名なこの芸術家による230以上の作品が展示されています。大変お勧めです。

マルケス・デ・ラリオス通り

歴史を刻む伝統料理とモニュメント

次に、イスラム教徒の支配者が11世紀にヒブラルファロ山に建てた要塞宮殿、ラ・アルカサバに訪れてみてはいかかでしょう。足元には、西暦3世紀まで使用されていたローマ劇場もあります。この時間にはお腹が空いてきている頃でしょう。ピカソの家族からカルメン・ティッセン、アントニオ・バンデラスまでもが伝統料理を堪能したエル・ピムピ(El Pimpi)などの地元のタベルナもすぐ横にあり、食事に最適な地区です。街中にある他の伝説バルといえば?アンティグア・カサ・デ・グアルディア(Antigua Casa de Guardia)やエル・チニタス・レストラン(El Chinitas)です。ポラ・アンテケラナ(サルモレホに似たスープ)やスイートワインなどはいかがですか?食後の定番コーヒーは、メルセ広場のテラスで太陽の光を浴びながらいただきましょう。ここにはピカソ財団のカサ・ナタル財団があり、非常に特別な場所です。天才マラガ人はこの家で誕生し、幼少期を過ごしました。実際、同広場でこの芸術家の銅像と一緒に写真に収まることができます。直ぐ近くにピカソが洗礼を受けたサンティアゴ教会もあります。

マラガの要塞

城からの夕暮れ

食事の前にアルカサバ訪問をお勧めしたのを覚えていますか?この宮殿がヒブラルファロ城とつながっている事に気付いたはずです。実際この2つのモニュメントには、共通の入口があります。車を利用しない場合は、パルケ通りまで行き35番のバスに乗ってお城まで登るのがお勧めの方法です。到着後は、ビジターセンターでお城の歴史について学びましょう。何よりもこのスポットからのマラガの街、マラガ湾、マラゲータ闘牛広場の眺めが素晴らしいのです。有名なヒブラルファロ展望台はお城とパラドール(国営観光ホテル)に隣接しています。ですから夕暮れ時にこの地を訪れることができれば、これ以上のものはありません。

マラガ、ヒブラルファロの全景
必見スポット

見どころ


2日目

地中海に来たからには、1日はマラガの海岸沿いで過ごしましょう。

距離:10Km 移動: 徒歩で / 期間: 1日

現代アートの朝

海に繰り出す前に、マラガで最も『反抗的』でモダンな地区を訪れてみましょう。そこはラス・アルテス地区(Barrio de las Artes)という名で知られる、街のアーバンアートの中心となる地域です。その証拠にアラメダ・プリンシパル通り(Alameda Principal)とムェイェ・エレディア(Muelle Heredia)の地区の間には数多くのグラフィティだけでなく、マラガ現代アートセンター(CAC Málaga)があります。旧卸市場に設置されたこのセンターには、フアン・ムニョス、トニー・クラッグ、ジグマー・ポルケの作品が展示されています。  この地区にある居心地の良いお店で朝食も取りましょう。カサ・アランダ(Casa Aranda)で伝統的チュロスの朝食を取った後、近くのアタラサナス市場に立ち寄るのもお勧めのオプションです。

マラガの芸術地区「ソーホー」

海に繰り出す

ここでマラガの最も人気地区の1つ、ペドラガレホの海浜散歩道へ行ってみましょう。街からは少し離れていますが、バスの11、34番線でアクセスできます。この地区では、お天気が良ければ海水浴に加えて、海沿いのチリンギート(スペイン版海の家)やレストランに立ち寄るのが定番です。カタクチイワシ、マラガ風フライ、特にイワシの串焼きをはじめとするマラガの郷土グルメを食するチャンスです。散歩の最中に、砂一杯のボートで炭火を使ったイワシ料理を目にすることでしょう。カメラを手に、マラガならではのこの瞬間を写真に収めましょう。

マラガのビーチ

午後はファロラ通りとムエジェ・ウノ通りへ

街に戻る途中、マラゲタビーチに立ち寄ってビーチの名前と一緒に写真を撮るのもいいでしょう。1日中海の香りが漂うことでしょう。すぐ隣には、お土産も購入できるショッピング&レジャーエリア『Muelle 1』があります。またこの地には、新しい街のシンボルの1つである巨大なカラーキューブ、マラガ・ポンピドゥー・センターがあり、フランシス・ベーコン、アレクサンダー・カルダー、マルク・シャガールたちの作品が所蔵されています。ファロラ通りの散歩を続けて、1817年に建設された灯台、ファロラ(Farola)まで行きましょう。夕暮れ時の色彩を楽しみながら夜になるのを待ち、地区のレストランで夕食をとりましょう。Muelle 2方面へ戻り、パルメラル・デ・ラス・ソルプレサスを通って旧市街に再度戻るというのも、もう一つのオプションです。ちょうどこの港エリアには、高さ70メートルにも及ぶ巨大な観覧車があり、素晴らしい展望スポットになります。中心地に着いたら、どこかのホテルの屋上で一杯どうぞ。最高の週末のフィナーレを最高点で飾ることができます。

マラゲタビーチ、マラガ

まだ時間に余裕がありますか?

私たちは街の見逃せない観光スポットを見ることができましたが、もしまだ滞在日数が残っていて、もう少しゆったりと観光されたいなら、カルメン・ティッセン博物館やラ・コンセプシオン植物園などの非常に興味深いオプションがあります。特に家族でご旅行の際はおすすめです。もし特別な時期に街を訪れたいなら、聖週間 (3月~4月毎年異なる)に感動的な宗教行列を間近でみることをお勧め致します。最も華やかな場所に惹かれるなら、映画祭の期間中にマラガに旅行してください。

マラガの聖週間
必見スポット

見どころ


に関する詳細をごらんください
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン