Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
プエルト・デ・サンタ・マリアの全景(アンダルシア州カディス)

プエルト・デ・サンタ・マリア

Cádiz

コスタ・デ・ラ・ルスは、エル・プエルト・デ・サンタ・マリアを代表する場所の一つです。この白壁の町は、カディス湾の中心にある松林、ビーチ、沼地の間に広がっています。

町の中心部にある象徴的な建物や海岸沿いの船の背景に、同名の自然公園があります。大西洋の海岸にはマリーナ、ゴルフコース、高級住宅地があり、美しい景色と年間300日以上の晴天を楽しむことができます。

エル・プエルトはコスタ・デ・ラ・ルスに位置し、湿地帯の松林が砂浜にまで達する大西洋岸の一画にあります。このアンダルシアの町の羨望に値する気候は、太陽、海、アウトドアスポーツを楽しみたい人にとって理想的な旅行先となっています。そして、航海の伝統が深く根付いた素晴らしい自然風景の中に豪華な観光施設が設置されており、旅行者が望むすべての快適さが提供されています。ビスタエルモサ、プエルト・シェリー、カシノ・デ・バイア・デ・カディスなどの住宅地はその一部です。旅行者は、この地域の数多くのレストラン、プール、ゴルフ場、海港などで余暇を楽しむことができます。エル・プエルト・デ・サンタ・マリアには、15キロメートル以上に及ぶ美しい金色の砂のビーチが広がっています。レバンテ、バルデラグラーナ、サンタ・カタリナ、フエンテラビアのビーチにあるビーチバーでは、大西洋を見下ろすこの地域の美味しい魚のフライを味わうことができます。原産地呼称のシェリーは、どんな料理にもよく合います。市街地詩人ラファエル・アルベルティの生誕地であるこの海の町は、伝説によるとアテネの指導者によって設立されたと言われています。しかし、居住に関する歴史的資料があるのは、イスラム教徒の侵略以降のみです。カディスのこの都市は、アルフォンソ10世(13世紀)によるレコンキスタ後、メディナセリ公爵家の支配下で、歴史上一番栄えた時代を迎えました。その後の数世紀の間に、大西洋や海洋探検(新世界大航海時代を含む)との関係が緊密になったのは、海洋の総司令官と呼ばれるようになってからです。その歴史的価値が評価され、都市全体が文化遺産に指定されています。サン・マルコス城は、この町で最も優れた建物の一つです。古いモスクの上に建てられ、現在でも天守にキリスト教の礼拝堂があります。長年様々な文化が共存してきたため、アルモハドとゴシック様式の両方の要素により構成されています文化遺産に指定されている建築物群です。エル・プエルト・デ・サンタ・マリアの宗教的建造物の中でも、15世紀に建てられたマヨール・プリオラル教会が特に目を引きます。ポルタダ・デル・ペルドンはこの時代のもので、尖塔、飛び梁、ガーゴイルなどのゴシック様式の要素を維持していますが、それ以外の部分は後の時代になってから建設されたものです。プエルタ・デル・ソルは、柱、花の装飾、メダリオンからもわかるように、17世紀に設計されたものです。16世紀から18世紀にかけての町の中心部の都市開発は、カサ・デ・ロス・レオネスをはじめとする多くのバロック様式の建物に反映されています。宮殿邸宅は、カンタブリア海岸からこの港で商売をするために来た多くの商人の一人によって建てられるように命じられました。また、文化遺産に指定されているビクトリア修道院、旧病院と刑務所があります。要塞の外観は、後期ゴシック様式とルネッサンス様式の特徴を交互に表しています。そして特筆すべきは、その立派な外観のファサードです。サン・フランシスコ教会、コンセプシオン教会、ラ・マヨール・デ・ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロス・ミラグロス教会、カプチナス修道院、エスピリトゥ・サント修道院などは、カディスの宗教建築を代表しています。観光スポット巡りは、バルディビエーソの宮殿やスペインで最も古い広場の一つである闘牛場で締めくくることができます。コスタ・デ・ラ・ルスエル・プエルトではカディス料理を味わうことができます。カディス湾の食卓には大西洋で獲れた魚介類が並び、庭で採れた野菜が添えられます。エビのオムレツ、ウルタ・ア・ラ・ロテーニャ、シーフードスープは、訪問の際ぜひ味わいたい料理です。また、チョコス・コン・パタタスや、アサリ、マリネ料理、サバのヌードルスープなども試してみてください。ワインには、原産地呼称に認定されているヘレス=ケレス=シェリーや、マンサニージャ=サンルカール・デ・バラメダがあります。コスタ・デ・ラ・ルスは、歴史的重要な都市中心部と大西洋の端にあるビーチを組み合わせた魅力的な場所です。国際重要観光祭に指定されているビーチで競馬が行われるサンルカール・デ・バラメダプエルト・レアル、サン・フェルナンド、チクラーナ、コニル・デ・ラ・フロンテーラなどでは、カディスの伝統的な海の魅力を堪能することができます。エル・プエルト・デ・サンタ・マリアから湾の反対側のカディスに行く手段には、カディスとの間を約30分の距離で結ぶカタマランの定期便があります。ここでは、ラ・ビーニャ、サンタ・マリア、エル・ポプロの地区で、この地方の伝統的なカーニバルとフラメンコの世界について知ることができます。フラメンコで有名なヘレス・デ・ラ・フロンテーラは、最も有名な渓谷の地です。この貴族の街は、ワイナリーやアンダルシアの馬(国際重要観光祭に認定されている馬の見本市の主役)が有名で、一見の価値があります。町を散策する際は、美しい教会や荘厳な城塞なども必見です。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。