Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
テネリフェ島(カナリア諸島)のプエルト・デ・ラ・クルスの全景

プエルト・デ・ラ・クルス

Tenerife

テネリフェ島の北部に位置するプエルト・デ・ラ・クルスは、島の最も重要な観光地の一つです。伝統的な憩いの場であるこの街には、多くのホテルやさまざまな集合住宅地など、幅広い宿泊施設のネットワークがあります。

街の主な見どころのいくつかは海岸エリアに集まっており、古い岸壁、海浜散歩道、カナリア諸島出身の建築家セサル・マンリケが設計した複合プールであるマルティアネス湖などがあります。

火山砂でできた珍しい海岸線で太陽とビーチを楽しんだり、エキゾチックな植物園を散策したり、ロロ公園の施設で忘れられない一日を過ごしたりと、プエルト・デ・ラ・クルスには多くのレジャーが用意されています。自然が好きな方は、オロタバ渓谷の美しい風景や、スペイン最高峰のテイデ山の息をのむようなシーンを街の近郊から味わうことができます。テネリフェ島の観光開発の先駆けであるプエルト・デ・ラ・クルスは、19世紀末に現在のホテル-カジノ・タオロの施設内でスパリゾートとして誕生したもので、バケーション先としての長い伝統をもっています。良い気候、美しい火山性の沿岸、オロタバ渓谷のユニークな景観などの特別な条件により、この街はほんの数十年の間に重要な観光地としての地位を確立しました。小さな港を中心に街が広がっており、広い路地や豊富な庭園エリアがあるため、街の造りを知るには歩いて回るのが一番でしょう。サン・フェリペ城サン・テルモ礼拝堂ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・ペーニャ教会などの歴史的建造物があります。チャルコ広場の周辺には、レストランやテラスがひしめく美しい海浜散歩道があり、一日中賑わっています。港湾エリアには、カサ・デ・ラ・アドゥアナ(税関庁舎)や船乗りの風情が残る旧岸壁などがあるため、街の歴史的スポットの一つとなっています。ただし、ランサロテ出身の著名な建築家セサル・マンリケが設計したマルティアネス湖など、港には他にも多くの見どころがあります。海岸の火山環境の中に造られ、豊かな植物に囲まれたこのユニークな複合海水プールは、休息やリフレッシュのための理想的な場所となっています。プエルト・デ・ラ・クルスの主なホテルは海沿いの地域にあり、ハルディンビーチやマルティアネスビーチといった火山砂でできた美しい砂浜の目の前に建っています。これらの場所では、ナイトクラブ、レストラン、ショップ、スポーツ活動、その他の多くのオプションなどの各種サービスを提供する施設が幅広くあります。同じく、郊外では植物園を鑑賞することもできます。18世紀末に設営されたこの植物園には、地球上の最も多岐にわたる場所を原産地とする多種多様な熱帯植物や植物の標本が集められています。一方、ロロ公園にある施設ではインコの展示会やイルカショーが行われており、思い出深い一日を過ごすことができます。オロタバ渓谷の美しさを堪能するだけでなく、自然愛好家なら、3,718メートルとスペインで最も高い標高を誇るテイデ山にも近づくことができるでしょう。この火山こそが、カナリア諸島の固有種の動植物が豊富に生息し、2007年以降はユネスコの世界遺産にも登録されているテイデ国立公園の名の由来となっています。この行程は、国立公園を囲むコロナ森林自然公園が最終地点です。グルメと周辺地域テネリフェ島の人々の間では、野菜の煮込みや魚の煮込みなどの伝統料理の代表的な品々を味わえる、「グアチンチェ」と呼ばれる典型的なレストランで食事をすることが根強い習慣となっています。在来種の「ビエハ」は、イワシ、チチャロ、チェルネ、サマなどと並んで最も人気の高い魚の一つです。肉料理では、肉のマリネとウサギのサルモレホが有名です。また、モホ(ソース)と一緒に提供される名高い「パパ」アルガーダ(塩ゆでのジャガイモ)も忘れてはいけません。これらの珍味に合わせるワインとしては、以下に掲げるテネリフェ産の5つの原産地呼称付きワインから選ぶことができます。アボナ、タコロンテ-アセンテホ、ビジャ・デ・グイマル、ビジャ・デ・ラオロタバ、イコデン-ダウテ-イソラ。プエルト・デ・ラ・クルスからは、テネリフェ島北部を回る数多くのエクスカーションに参加することができます。ラ・オロタバは同名の谷に位置する町で、カナリア建築の豪邸がいくつも並んでおり、歴史芸術モニュメントにも指定されています。イコド・デ・ロス・ビノスでは、多くの美しい伝統建築や、樹齢1,000年を超えるリュウケツジュ(在来樹)に代表される有名な象徴を鑑賞することができます。ガラチコはかつて重要な港であり、現在はサン・ミゲル城、サンタ・アナ教会、ラ・ゴメラ伯爵邸などの歴史的価値の高い建物が保存されています。サンタ・クルス・デ・テネリフェへ向かう途中、サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナに立ち寄る価値があるでしょう。大聖堂、コンセプシオン教会、司教館は、世界遺産に登録されている歴史地区の宝です。いよいよサンタ・クルス・デ・テネリフェに到着です。この地の重要な港は、広い道路、広場、エキゾチックな緑地に囲まれています。テネリフェの中心都市であるサンタ・クルス・デ・テネリフェはスペインでももっとも派手なカーニバルの一つで有名です。この祭りは国際観光資産に指定されており、衣装が特徴的な上、音楽隊や仮装行列、ロンダの一団(音楽団)の活気がひときわ目を引きます。島全体を通じてホテルの数はたくさんありますが、カーニバルを楽しむためには十分に余裕を持って予約をしておくことをおすすめします。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン