Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
コリア(エストレマドゥーラ州カセレス)の石橋とサンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオン大聖堂

コリア

Cáceres

ルネサンス時代に建設された石橋は、アラゴン川の流れが大洪水により自然に変わった1590年以来、干上がっています。

コリアは過去に古代ローマとアラブの影響を受け、20本の四角い塔と4基の門からなるその城壁は、2世紀から4世紀にかけてのローマの防御建築の見事な例であり、今でもいくつかの葬式用の石碑が城壁に埋め込まれています。15世紀に建てられた城には今でも天守と足場が残っています。15世紀のゴシック・ルネッサンス様式に始まった大聖堂は、建築期間の長さにより、非常に多様な要素が組み込まれています。数メートル先には、17世紀に建てられたローマ時代の葬儀碑の跡が残る神学校があります。

城壁の内側にある15世紀のマドレ・デ・ディオス修道院や1626年に建てられたエピスコパル宮殿、16世紀から18世紀のマニエリスムの祭壇画と彫像がある16世紀のサンティアゴ教会、市立博物館のある王室の刑務所や1760年に建てられた教会の刑務所、そして都市部の郊外にある植物園も、注目すべき遺産です。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。