Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
サンタ・マリアのバシリカ教会堂を背にしたエルチェの椰子園の眺め。アリカンテ

エルチェ/エルチ

Alicante-Alacant

アリカンテ県バホ・ビナロポー(エル・バイシ・ビナロポー)地方の中心都市エルチェの歴史地区には、イスラム教の過去と壮麗なバロック様式を今に伝える重要な証が残されています。

数ある見どころの中でも、世界遺産である椰子園と、国際重要観光祭に指定されている「枝の主日」と「エルチェの神秘劇」が特筆に値します。フェスタ・デルチという名のこの祭りは、ユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」に登録されています。数多くの自然公園、コスタ・ブランカの海岸沿いの町、そして名高いアリカンテの美食によって、エルチェは見逃せないスポットとなっています。

アリカンテ県にあるこの都市の起源を知るためには、アルクディアの考古学遺跡とモノグラフィック博物館に足を運ぶ必要があります。新石器時代から人が住んでいた場所で、イベロ族や古代ローマ人の遺跡が最も代表的なものと言えるでしょう。イベロ族の胸像「エルチェの貴婦人」はここで発見され、現在はマドリッドの国立考古学博物館に展示されています。10世紀にこの町を現在の場所へと移し、周囲をヤシの木立で囲んだのはアラブ人でした。ハイメ1世が街を再征服(レコンキスタ)すると、キリスト教徒はビラ・ムラーダ(城壁の内側)を、ユダヤ教徒とイスラム教徒はラバル(城壁の外側)をそれぞれ占領しました。

ビラ・ムラーダ

ビナロポ川の畔には、アラブ人が残したビラ・ムラーダの狭い路地が続きます。エルチェで最も歴史のあるエリアで、歴史芸術的総体が結集している場所でもあります。ここには、城壁で囲まれた場所の一部を形成していたイスラム式の塔、カラオーラが立っています。壁に隣接する形でアルタミラ宮殿が建設され、現在では市立考古学博物館が収容されています。他にも、カサ・デ・ラ・ビラや市庁舎、コンセルの塔、様々な大邸宅などがあります。周辺には、古いモスクといくつかのキリスト教寺院の跡地に建てられたサンタ・マリアのバシリカ教会堂があります。現在の構図は17世紀のものですが、長い建設期間の結果、バロックと新古典主義の要素が融合したものになっています。8月14・15日には、世界遺産と国際重要観光祭の両方に指定されている中世の典礼作品「エルチェの神秘劇」がここで開催されます。カサ・デ・ラ・フェスタ(旧慈善病院、15世紀)と市立フェスタ博物館では、劇のさまざまな場面の端々が保存されており、最も印象的な瞬間をバーチャルなショーとして見ることができます。中世には城壁外の町だったところにメルセー修道院があります。その下層土には、12世紀のアラブ式風呂が保存されています。ビラ・ムラーダから少し離れると、ラバル地区(かつてのイスラム教徒地区とユダヤ人街)を訪れることができます。ラバルの旧市庁舎には、現在、現代美術館が入っています。主に1939年以降に活躍したカタルーニャ州およびバレンシア州出身の芸術家の作品を収集しています。

椰子園

世界遺産に認定されているエルチェの椰子園の市内にかかる部分は、市街地をぐるっと囲んでいます。一方の端には市営公園があり、全体で20万本以上に及ぶこのヤシの森の中で最も美しく造園されたエリアとなっています。ここには王立粉挽き場、公園博物館、ロトンダ(野外劇場)があります。アラブ起源の古い粉挽き場と穀物倉庫には、トレンサード・デ・パルマ(ヤシの葉の編み物)の市営工房があります。ここでは、国際重要観光祭に指定されている「枝の主日」の宗教行列で使われるヤシが手作業で編まれています。国立歴史庭園であるウエルト・デル・クラでは、世界中からヤシの木が集められ、アラブ、レバンテ地方、エルチェそれぞれの影響を受けた独特のスタイルで配置されています。この庭園では、地域の伝統的な構造物である「皇帝のヤシの木」を鑑賞することもできます8本の分枝をもつ圧倒されるような標本です。数多くの区画に分かれた伝統的な椰子園は、徒歩や自転車でも散策することができます。エルチェからは、多くの自然公園や内陸部にある堂々とした町をはじめ、160km以上ある海岸線に広がるビーチや歴史的な町(コスタ・ブランカ)など、県全体をくまなく観光することができます。アリカンテ、ビジャホヨサ、ベニドルム、アルテア、ハベア、デニアは県の北半分、地中海沿岸に位置しています。ビジェナ、アルコイ、エルダ、コセンタイナは県北部の内陸にあります。自然空間においては、マルジャル・デ・ペゴ-オリーバ、エル・モンゴー、ペニャル・ディファク、カラスカル・デ・ラ・フォント・ロジャの自然公園が際立っています。トレビハとサンタポーラは南海岸にあり、クレビジェンテとオリウエラは南内陸部に位置しています。この地域では、サリーナス・デ・サンタ・ポーラ、エル・フォンドー、ラス・ラグーナス・デ・ラ・マタ、トレビエハの自然公園を訪れることができます。また、これらのいずれの場所でも、多種多様なレシピで提供される素晴らしい米料理を味わう必要があります。ア・バンダ、ウサギとカタツムリ入り、コン・コストラ、カルドソ、またはセコなどの米料理があります。レバンテ地方沿岸で採れる魚介類も、地中海の海岸沿いまで来たことを思い出させてくれます。そしてデザートには、アイスクリームとトゥロンがこの地方では欠かせません。さらに、これらのご馳走にはアリカンテ原産地呼称のワインがぴったりです。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。