Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
花火。アリカンテ県エルチェのニル・デ・ラルバー祭り

ニル・デ・ラルバー祭り

国定観光名物祭り
Alicante-Alacant

8月13日にエルチェ(アリカンテ県)の夜空は、地元の守護聖人に敬意を表する形での光や色、そして音のショーで彩られます。

花火の夜としても知られるこのお祭りは、各家庭が子ども1人ごとにロケット花火を聖母に献納していた中世に遡ります。現在では、2トンを超える火薬と7万個を超える花火で構成された、1時間ほどの花火ショーをご覧いただくのがおススメです。このお祭りで際立つポイントは、通常のような花火の城ではなく、街中がこの光のショーに参加し、市民が自分たちの花火や爆竹を打ち上げる点です。午前0時になる数分前には光が消され、エルチェの奇跡の最後の歌である光栄讃詞が響き渡り、サンタ・マリア大聖堂の塔の上から壮麗な聖母の椰子が登場し、300mもの高さになり、街全体を照らし出します。その後、光が再点灯され、この大聖堂の塔からは小さな「花火の聖母」を目にすることができ、市民全員がバルコニーから「エルチェの香り」という歌を歌っているのが聞き取れます。花火の終了後には、スイカを食べるのが伝統となっています。最も勇敢な人向けには、本当に花火を愛する人限定のアクティビティとして、「花火競争」もあります。ラ・ニット・デ・ラルバーは、ラ・ニット・デ・ラ・ロアーなど他のショーとともに、エルチェの守護聖人の祭りの一環を構成しています。 

現在のパンデミックの影響を受け、一般公開イベントが大幅に変更されての開催となる場合があります。

ニル・デ・ラルバー祭り


Elche-Elx, アリカンテ-アラカント  (バレンシア州)