Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
トレド大聖堂

トレド大聖堂

Toledo

スペイン・ゴシック様式の見事なシンボル。


この寺院は、キリスト教の教会としての建築は13世紀に開始されたものの、その歴史はそれ以前に遡ります。

寺院は、6世紀のレカレド王の時代に教会だったイスラム教のモスクの上に建てられました。サン・フェルナンド王と大司教が、1226年に建築を始めました。その後、回廊の礼拝堂15か所が建設されました。1300年頃にはクロッシングの身廊が完成しましたが、工事はその後200年にわたって続けられました。

フロアには5つ身廊があり、その長さは120m、幅は59mです。屋根は88本の柱で支えられています。カラフルなステンドグラスは、14世紀、15世紀そして16世紀のものです。5部から成る主祭壇の祭壇画は、原寸大のカラフルな彫刻を備えて新約聖書の場面を含んでおり、枠がはめられた木材で制作されています。シスネロス枢機卿により任命され、1497年と1504年の間に作成されました。15世紀のサンティアゴ礼拝堂は燃えたつゴシック様式で、カスティージャの城守であったアルバロ・デ・ルナとその妻フアナ・デ・ピメンテルの石棺を収容しています。素晴らしい聖歌隊は、キリスト教世界で最も素晴らしいものとみなされています。区切りとなっている格子は、ドミンゴ・デ・セスペデスのものです。聖歌隊席の石造建築は15世紀に始まり、都市の降伏やグラナダの征服の情景が描かれています。 

高台には72席あり、16世紀にアロンソ・デ・ベルゲテとフェリペ・ビガルニにより建設されました。いわゆるオチャーボは、16世紀末の豪勢な部屋で、殉教者やキリストの証人に捧げられています。その中でも素晴らしい価値のものとしては、サン・ルイスの聖遺物、バプテスマのヨハネの胸像と、メンドサ枢機卿の十字です。聖具保管室では、ルカ・ジョルダーノとエル・グレコの作品を目にすることができます。

トレド大聖堂


Calle Cardenal Cisneros 1

45002  Toledo, トレド  (カスティージャ-ラ・マンチャ)

Eメール:info@catedralprimada.es TEL::+34 925 222 241
おすすめプラン

次の訪問