新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

サン・フアン・デ・ラ・ペーニャ修道院

Huesca

石塀に秘められた歴史

この修道院は、新旧二つの建物から構成されています。新しいヌエボ修道院は17世紀のバロック様式、古いビエホ修道院は10世紀ロのマネスク様式の建築です。

この修道院の原型は、かつてこの場所にあった小さな教会にあるとされています。10世紀には、モサラベ様式のバハ教会(「下の階の教会」の意)が造られました(920年献堂)。1025年、ナバーラ王国のサンチョ大王はこの場所に新たなロマネスク様式の教会を建てました。その後15世紀には、サン・ビクトリアン礼拝堂が造られました。そして17世紀、修道院は火災のために建て直しを余儀なくされ、当時主流であったバロック様式の建物が建てられることとなります。しかしこの修道院の最大の見どころは、見事なロマネスク様式の回廊です。その典雅な美しさは人々を惹きつけてやみません。

サン・フアン・デ・ラ・ペーニャ修道院


Carretera A-1603 s/n

22711  Jaca, ウエスカ  (アラゴン)

Eメール:monasteriosanjuan@aragon.es TEL::+34 974355119 Webサイト://www.monasteriosanjuan.com