Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サン・ミランの板絵の細部。ラ・リオハ美術館。ログローニョ。

ラ・リオハ美術館

La Rioja

先史時代から20世紀までの歴史をたどる。


当館は、18世紀に建てられたバロック様式のエスパルテロ宮殿内にあります。

総面積は3,042平方メートルで、そのうち1,138平方メートルがエスパルテロ宮殿、1,903平方メートルが新館です。1階では、先史時代、ローマ時代以前、ローマ時代の世界と、経済、信仰、礼拝などのさまざまな分野を探求することができます。2階には、中世、ルネッサンス、バロック時代の考古学や美術のコレクションが展示されています。サン・ミランの板絵やトレムニャの祭壇画などが特に有名です。 3階には、国立プラド美術館から寄贈を受けた、19世紀から20世紀前半の絵画コレクションがあります。また、民族学(農業、畜産、家庭環境など)に特化したスペースもあります。これらのコンテンツには、パネル、オーディオビジュアル、タッチスクリーン、目の不自由な方のためのティフロロジィ・ステーションが付いています。  

ラ・リオハ美術館


Plaza de San Agustín, s/n.

26001  Logroño, ラ・リオハ  (ラ・リオハ)

Eメール:museo@larioja.org TEL::+34 941291259 Webサイト:http://www.museodelarioja.es/
おすすめプラン

次の訪問