Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
民芸品のカゴ

ランサロテの工芸品

Lanzarote

お土産リストに島の工芸品をお忘れなく


かご細工、陶磁器、刺繍は、ランサロテ特有の手工芸品の例です。地元のショップのほか、島のあちこちの自治体で毎週開かれる市場でも買い求めることができます。

おすすめのお土産は?

陶磁器全般ろくろを使った陶芸品があげられます。どちらも伝統的手法で焼成した粘土から作られ、シンプルで素朴な作風が持ち味です。特に代表的な品のひとつは「エル・モホンの恋人たち」です。男性と女性をかたどった焼き物が一対になっており、その昔、恋人たちが交換していたものだと言われています。また、かご細工の作品のほか、ヤシの葉やその他の植物繊維を編んだ製品もあります。ランサロテではヤシの葉を編み込んだものが名産で、それを使って敷物やバッグ、チーズ用の型、ヤシの葉の帽子などが作られています。布製品の分野では、刺繍レースに加え、巧みに織られた透かし織りもあります。お土産の別の選択肢としては、有名なティンプレもあげられます。これはカナリア諸島に典型的な楽器で、小型のギターのような形をしています。

ランサロテにて、ヤシの葉の帽子

工芸マーケット

例によって、こういった伝統工芸品は主要都市の商業地域で見つけることができます。加えて、週末になると、島には工芸品が主役の青空市場が立ちます。有名なのはテギセの青空市場で、毎週日曜日の午前中に開きます。日曜のテギセの出店者たちの多くは、土曜の午前中もアレシーフェの青空市場で、さらには金曜の午後にもコスタ・テギセの青空市場で見かけます。また、毎週土曜日の午前中はアリーアの青空市場が立ちますが、こちらは主に伝統工芸品や有機農産物を取り扱っています。一方、毎週日曜日の午前中にはティナホで農産物および工芸品市場が開かれます。

ランサロテにて、工芸品の人形

工芸教室

ランサロテにある芸術、文化、観光用の施設においても、島の工芸品を取り扱っています。また、そういった施設のひとつであるカンペシーノ家博物館では、島の職人たちの指導のもと、工芸の普及を目的としたワークショップが開催されています。

に関する詳細をごらんください