Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マドリード州マドリードプライド(MADO)を記念してライトアップされたシベレス広場

マドリードで行われるヨーロッパ屈指のプライド

none

国際プライドデーは世界中の多くの場所で開催され、街中が色、お祭り、シュプレヒコールで溢れかえります。スペインにはそのような街がいくつかあります(シッチェス、イビサ、ベニドルムなど)。とりわけ首都マドリードは、LGTBIQA+(レズビアン、ゲイ、トランスセクシャル、バイセクシャル、インターセックス、クィアやその他の性的アイデンティティや性的指向の略称)の最高のデスティネーションのひとつとされており、毎年数千人がプライドを祝いに訪れます。 

マドリード・プライド(MADO)は、スペイン最大のプライドフェスティバルです。毎年6月末に開催され、一週間に渡って様々な活気あふれるプログラムが行われ、7月の第一土曜日の国認定のデモ行進でクライマックスを迎えます。国の健康衛生的状況に問題がなければ、2022年(6月25日から7月3日)は全てのアクティビティ催がカレンダー通りに行われることが期待されています。プログラムには毎年新たな試みが含まれますが、プライドの主張を反映した次のようなレクレーション、スポーツ、文化的なイベントを欠かすことができません。

MADOはこのイベント開催中の象徴的な場所であるペドロ・セロロ広場での開会宣言から始まります。ステージの上から、このコミュニティとつながりのある一人がイベントの開催を宣言します。ここから先は、チュエカ地区やチュエカを象徴するバルが、スポーツコンペ、文化的ワークショップ、コンサートやその他のショーでこの一週間を盛り上げます。イベントの大半はこの地区に集中していますが、マドリード全域、例えばアルカラ門プエルタ・デル・ソルといった観光スポットでも、プライドを祝うイベントが行われます。始めの数日間に、ペラヨ通りで恒例の「ハイヒールレース」が行われます。レースに参加するなら、スニーカーは家に置いてこなければなりません。ハイヒールで走らなければいけないからです!一番高いものを身につけてみませんか? 

マドリード州マドリード市内のプライド中に装飾されたチュエカ地区の詳細

プライド週間はマドリードサミット、 LGTBIQA+の人権についての会議にも特に重点を置いています。コミュニティの権利について対話、討論をする機会であり、この分野に関係する専門家や著名人が、このコミュニティに所属するがゆえに日々直面しなければならない問題を可視化します。ミスター・ゲイ・プライド・スペイン・コンテストは、スペイン中のゲイたちが参加するビューティコンテストです。このコンクールの最終審査はプライド週間に行われ、2022年は7月1日にプエルタ・デル・ソルで予定されています。このコンクールで国際大会に参加するスペイン代表が決定されます。 

マドリード州マドリード市のプライド週間中のミスター・ゲイ・プライド・スペイン美男コンテスト

7月の第一土曜日に待ちに待った国認定のプライドデモ行進が行われ、コミュニティの権利のための闘いの表明として、カラフルなバスや山車がプラド通り(アトーチャからコロン広場まで)をパレードします。マドリードのコスモポリタンかつオープンな気質が、LGTBIQA+ツーリズムとして同市をお勧めの目的地にしているのです。魅力的で自由な雰囲気があるこの街は、平等、そして誰もが何ら障害なく愛せる事を提唱しています。

マドリード州マドリード市のプライドパレードの詳細
に関する詳細をごらんください