Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
トレドの工房で刀を磨く職人

伝統への旅:カスティージャ・ラ・マンチャの職人芸を再発見

カスティージャ-ラ・マンチャ

伝統的な方法で行われる手作りの職人芸を目にしたいと思いませんか? こちらは、長年にわたってスペイン文化を継承してきた、さまざまな遺産に向けての旅で、カスティージャ・ラ・マンチャ州の職人の技を知る提案です。アルバセテ、シウダ・レアル、クエンカ、グアダラハラやトレドを訪れてカスティージャ・ラ・マンチャの手工芸品に魅了されましょう。

ナイフや刃物の土地アルバセテ

アルバセテを訪れる理由はたくさんあります。その一つは、スペイン全国レベルで有名な、手作りのナイフや刃物の製造方法を知ることです。この伝統はイスラム時代に遡り、現在のデザインにも多大な影響を与えていますが、現在のような産業として成立したのは15世紀のことです。「アルバセテの刃物」の歴史を全て知りたいなら、刃物博物館を訪問しましょう。さらに、ナイフの最高の製造者が毎年、アルバセテで行われる国際刃物見本市イベルクットに集います。カスティージャ・ラ・マンチャ州のアルバセテ県は、16世紀から17世紀にかけて始まった中世の芸術である壺でも有名で、アルバセテ博物館を訪れるとその芸術を知ることができます。壺産業は特にビジャロブレドで有名であり、この街では最大時には72もの壺窯がありました。 

アルバセテ刃物博物館の展示室の様子 © アルバセテ刃物博物館

レース編みで有名なシウダ・レアル

レース編みは、手作りの伝統的な編み物の技法の一つで、シウダ・レアルで最も重要な手工芸の一つです。何百年にもわたってシウダ・レアル県は、この手工芸で名声を馳せてきました。その証拠として、さまざまな技法やショール、ハンカチ、ベールや扇子の幅広い展示への散策へと誘う市立レース博物館があります。シウダ・レアルには今日でも陶芸工房を持ち続ける職人が数多く住んでおり、県内でも最も重要な伝統工芸となっています。これは、Formmaまたはラ・マンチャ陶芸博物館のおかげでもあります。マンガン材のような新しいテクニックや素材で近代化されているとはいえ、シウダ・レアル県では陶芸の最もピュアな本質は、一部たりとも失われていません。 

上:博物館の展示室 © Formma / 下: Formmaで展示された作品、シウダ・レアル市にあるラ・マンチャ陶芸博物館 © Formma

クエンカ、ラ・マンチャの職人芸の発祥の地

時は過ぎ去りますがクエンカの職人芸に向けた伝統は変わらず、今日も存在感を保ち続け、最高級の製品で豊かな文化をクエンカ県にもたらしています。何百年も前から、イスラム芸術に起源を有するテクニックによる陶器の製造で有名でしたが、かご細工や金属加工においても素晴らしい匠がいます。クエンカの職人らが作り出す素晴らしい作品を鑑賞するには、この街の旧市街を散策し、工房を眺めるだけで十分です。壺や水入れ、ティーポットや壁への装飾用のお皿などお土産を買うことができます。何でもお好きなものをどうぞ!

上:クエンカの陶芸作品 © ルイス・デル・カスティージョ陶芸工房 / 下: クエンカの陶芸工房 © ルイス・デル・カスティージョ陶芸工房

グアダラハラ、繊維と革細工の職人

職人芸は、グアダラハラにおいて重要な位置を占め続けています。長年の歴史を持つこれら職人芸への情熱は、特に人気のある中世市場、またはスペイン全国から職人らが集まるグアダラハラ春の伝統陶芸市が開催される場合に、道端で感じられます。今日も活動を続けている職人芸の中には、革細工に関連したものがとても重要です。他の地域では入手が困難な、他にない製品です。詳細にこだわった贅沢と信じられないほどの素晴らしい仕上げが備わり、伝統的なテクニックに従っています。

グアダラハラの職人が作った革細工の歴史的作品の再現

職人の街トレド

職人芸は、プロ職人が手作りで仕上げた素晴らしい作品で知られるトレド県のあちらこちらに息づいています。世界遺産の街トレドは、歴史や文化の素晴らしい遺産を持っており、間違いなくこれは、職人芸と深く関連しています。トレドで際立つ伝統芸術は、あらゆる種類のオブジェを装飾可能な、ダマスク模様です。トレドを訪れて、有名な「トレドの金」で飾られた金銀細工や宝石、刀や家具に魅了されましょう。歴史的地区ではいくつかの工房を訪れて、何世代にもわたるこのテクニックの秘訣を直接目にしましょう。県内では、木材、陶磁器や鍛冶場で制作された刀や工芸品も際立つ存在です。

上:トレドのダマスク模様工房 © トレド市役所市観光局 / 下: ダマスク模様の例 © トレド市役所市観光局
に関する詳細をごらんください