Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ラ・パルマ島サンタ・クルス・デ・ラ・パルマの海岸沿いの通りに並ぶカラフルなバルコニーを撮影するツーリスト

カナリア諸島の文化をめぐる旅

カナリア諸島

大西洋に浮かぶこれらの島々を多くの文化が通過していきましたが、それらが何百年にもわたって混ざり合い、独自のアイデンティティが形成されることになりました。アフリカ、ヨーロッパ、アメリカといった世界各地の影響を受けて豊かな文化が生まれ、8つある島のそれぞれでその文化を楽しむことができます。

カナリア文化

島に最初に居住していた原住民は、彫刻や陶磁器、さらには、今日まで続いている伝統や習慣といった無形文化など、表現方法に満ちあふれた文化を生み出しました。歌や踊りのほか、ルチャ・カナリアと呼ばれるレスリングやシルボ・ゴメーロと呼ばれる口笛言語など、あまり広く知られていないものもあります。どの島でも開かれる様々な人気の祭りのなかで、このような文化の表現を目の当たりにすることができるでしょう。 

建築

島で見られる建築物は、イベリア半島の建築様式よりもむしろラテンアメリカの建築様式に似ており、植民地時代のコロニアルスタイルが際立っています。とは言え、カナリア諸島には現代建築の例もあり、例えば、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアのアルフレド・クラウス音楽堂や、セサル・マンリケが手掛け、建築と自然が完全に融合された真の宝石ともいえるランサローテハメオス・デル・アグアなどが挙げられます。

グラン・カナリア島ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアにあるアルフレド・クラウス音楽堂のビーチからの眺め

芸術

文化の融合のおかげで、カナリア諸島では、ゴシック、ムデハル、ルネッサンス、バロックといった幅広い様式の芸術作品を鑑賞することができます。また、カナリア諸島は、セサル・マンリケネストル・デ・ラ・トーレ、マヌエル・ミジャーレス、オスカル・ドミンゲスなどの偉大な芸術家たちを輩出してきました。現在、これらの芸術家の作品のいくつかは、テネリフェのエスパシオ・デ・ラス・アルテスやラ・パルマの現代美術館に展示されています。カナリア諸島へお越しになり、様々なものの融合から編み出された、クリエイティブかつオープンマインドな島々の文化に触れてください。

ランサローテ島タイチェにあるセサル・マンリケ財団のエントランス
に関する詳細をごらんください