Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バルセロナのサンタ・エウラリア大聖堂のファサード

知っておくべきバルセロナの大聖堂のエピソード

Barcelona

サグラダ・ファミリア教会に加え、入り組んだ路地の中にバルセロナの大聖堂がそびえています。ゴシック地区に足を踏み入れるということは、タイムスリップするようなものです。ランブラス通りを後にして路地を歩いていくと街の中心にたどり着きます。古代バルキノ(バルセロナのローマ時代の古い名称)の形跡やユダヤ人街のシンボルがいまだに残っており、とりわけ自由奔放だったモデルニスモの芸術家たちの足跡をたどることもできます。間違いなくここは最も美しいエリアの一つであり、その中心をバルセロナの大聖堂が占めています。スペイン最も象徴的な建造物の一つであるにもかかわらず、いまだに面白いデータが隠されています。

バルセロナの大聖堂エピソードを解き明かしてみませんか?・大聖堂の公式名はサンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂といいます。バルセロナの守護聖人の一人に捧げられているためですが、略してバルセロナの大聖堂として知られています。・720年以上前に、かつて初期キリスト教のものだったロマネスク様式の古い教会の上に増築が始まりました。現在、その考古学的遺跡はバルセロナ市歴史博物館に保存されています。・バルセロナの大聖堂のファサードとドームは、19世紀末期から20世紀初期になるまで建築されませんでした。つまり、実際はネオゴシック様式というわけです。  

バルセロナのサンタ・エウラリア大聖堂内部

・大聖堂の中庭には回廊があり、サンタ・エウラリアの13羽の白いガチョウがいます。これは、彼女が受けた13(彼女の年齢と同じ)の拷問に由来します。・21個の鐘にはそれぞれ女性の名前がついています。・「トマサ」は一番大きな鐘で、特別な時だけ鳴らされます。一方で「オノラタ」は最も革命的な鐘です:フェリペ5世に対する蜂起があった最中に鳴ったため1717年に溶かされてしまいました。・「踊る卵」の奇跡をご覧になりたければ、ここがその場所です:ゴシック回廊の中庭にあるサン・ホルヘの噴水こそ聖体祭の日に祝われる「踊る卵」の主役です。バルセロナの興味深い伝統行事の一つです。ご紹介したのは、バルセロナの大聖堂の隠れた歴史のうちほんの一部にすぎません。未知のエピソードに興味をそそられた方は、ぜひ足を運んでみてください。 

バルセロナの大聖堂の回廊にいるガチョウ
に関する詳細をごらんください