Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ウルダイバイの生物圏保護区

ウルダイバイの生物圏保護区

Bizkaia

ビスカヤ県のリアス地帯


マチチャコとオゴーニョの両岬の間にあるビスカヤ県に、12kmに渡って広がる砂浜があり、ここは他の多くの生態系と同様、1984年に世界生物圏保護区に指定されています。トキワガシの森が水中植生からわずか数メートルのところに生えており、このリアス地帯の環境の豊かさを示しています。その主な魅力の一つは、そこに済む鳥類です。ウルダイバイ・バード・センターのビジターセンターを通じて鳥類を目にすることができます。

ウルダイバイのリアス地帯は、バスク州でも最も豊かな自然の風景の一つを構成しています。低いものの急傾斜の山々がカンタブリア海で終わる峡谷を作り、広い河口を構成しています。荒野は湿地となる一方、断崖やビーチも形成されています。かくして、ラムサール条約を構成する湿地帯が際立つ数多くの生物型や生態系が共存しており、ZEPA(鳥類特別保護区)になっています。この地域の多様性は、トキワガシや灌木の森、ヒース、岩山や水中の植生が広がっています。人間が手を加えた地域では、森のプランテーション、牧草地や耕作地を目にすることができ、これらも別の動植物相を構成しています。600を超える種類のうち特に際立っているのが、カンタブリアのトキワガシ林です。動物相については、この湿地帯が数多くの渡り鳥の通過地点であることから、大半が鳥類です。この豊かな鳥類の生態系を構成しているのは、定住の鳥および営巣する鳥です。この生物圏保護区では300を超える脊椎動物が登録されていますが、バスク州における希少性により、ヨーロッパバイソンが際立っています。

ウルダイバイの生物圏保護区


ビスカヤ  (バスク)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:23,000 ヘクタール Eメール:birdcenter@birdcenter.org Eメール:urdaibai@birdcenter.org TEL::+34 699 839 202 TEL::+34 946 251 157 Webサイト:ウルダイバイの生物圏保護区 Webサイト:ウルダイバイの生物圏保護区

ビスカヤ (バスク):

Bermeo. Gernika-Lumo.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    世界生物圏保護区は、22の自治体の全域または一部を統合しています。都市区域は歴史的に非常に重要なところで、村々や伝統的住宅が風景に散らばっています。

  • 環境情報

    ウルダイバイでは、河口やカルスト地形、そしてビーチや断崖で構成される海岸地形といった、興味深い生態系が共存しています。そのカンタブリア海のトキワガシの森は、自然面で素晴らしい価値を有しています。この生物型の多様性により、数多くの鳥類、爬虫類、魚類や軟体動物にとって完璧な生態系ができあがっています。かくして湿地帯は鳥類特別保護区になっており、ラムサール条約を構成しています。

  • 観光情報

    生物圏保護区運営委員会.ビルバオからは国道N-634より、アモレビエタ・エチャノとベルメオの間で保護区を南北に貫く県道BI-635との交差点まで進みます。西から入る県道BI-631は、ムンヒアとベルメオを結んでいます。他にもこの地域を通る地方道があります。ウルダイバイバードセンター.ゲルニカ・ルモから約4.5キロメートルの距離にあります。ここから道路をレケイティオ方向にコルテスビのロータリーまで進み、左折して700mさらに進むとセンターに到着します。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン