Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アイグアモイス・ダ・ランプルダー

アイグアモイス・ダ・ランプルダー自然公園

Girona

地中海の湿地帯


公園内には多様な生態系が存在し、鳥類を筆頭に多くの動物種が生息しています。

この公園には、リャウナス、アスタニスやイリャ・ダ・カラマニという3つの自然保護区があります。公園の所在地は、アルト・アンプルダー地方のロゼス湾、ムガ川とフルビア川それぞれの河口に挟まれた場所です。植生については、自生種と栽培種が混在しています。そのため、稲田や牧草地と並んで、ヨシ原、ミズクサ、キショウブが生える草原が広がっています。鳥類では320種以上が確認されています。中でも、マガモ、ヒメヨシゴイ、サンカノゴイ、コウノトリ、シマアジ、セイケイ、ヨーロッパチュウヒ、ヒメオオモズ(イベリア半島に二つしか存在しない個体群のうちの一つ)がひときわ目を引きます。この公園はまた、何千羽ものアマサギ、マガモ、タゲリなどの越冬地にもなっています。哺乳類ではカワウソやヨーロッパケナガイタチが大部分を占め、魚類ではコイやウナギ、ボラなどが代表例です。希少種としてはカダヤシやイトヨが生息しています。

アイグアモイス・ダ・ランプルダー自然公園


エル・コルタレット

GIV-6216 (ctra. Sant Pere Pescador-Castelló d'Empúries) km 4,2

17486  Castelló d'Empúries, ジローナ  (カタルーニャ)

スペースのタイプ:自然公園 面積:4.87 ヘクタール Eメール:pnaiguamolls@gencat.cat TEL::+34 972 454 222 Webサイト:アイグアモイス・ダ・ランプルダー自然公園

ジローナ (カタルーニャ):

Castelló d'Empúries.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    公園の周辺には、ロザスのように、極めて豊かな文化、芸術、そしてモニュメントを擁する町があります。ギリシャ時代を起源とするアンプリアス考古学遺跡群は公園のすぐ近くにあり、非常に注目に値します。

  • 環境情報

    この公園は、地中海沿岸の海岸湿地の優れた例といえます。ここでは、汽水湿地、淡水の池、ヨシ原、砂丘複合体が組み合わされているため、おびただしい数の鳥類にとっての越冬地や営巣地となっています。実際、この公園は、湿地帯の保護を目的としたラムサール条約の指定湿地でもあります。

  • 観光情報

    見学は、サン・ペラ・パスカドールとカステリョー・ダンプリアスの間にある古い農家「コルタレット」内のインフォメーションセンターで管理されています。