Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ミランダ・デル・カスタニャルのサンティアゴ教会とサン・ヒネス・デ・アルレス教会(カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ)

ミランダ・デル・カスタニャル

Salamanca

サラマンカのフランシア山脈の中心にミランダ・デル・カスタニャルがあります。町の歴史地区は重要文化財に指定されています。ミランダ・デル・カスタニャルの都市風景には中世の雰囲気があり、サラマンカの山脈によくある野石と木材を積み上げた建築物や石造建築が特徴的な家もあります。

ユダヤ人やモーロ人が住んでいた時代まで「タイムスリップできる旅」にもなるでしょう。また伝統的な高貴な建造物や邸宅など、興味深いモニュメントが数多くあります。周囲を囲っている古い壁から始まり、歴史的地域への扉が開ける4つの門(サン・ヒネス、ビジャ、ヌエストラ・セニョーラ、ポスティゴ)があります。特に15世紀のファサードが特徴的な城やアルマス広場も町の雰囲気を形成しています。また教会広場にある17世紀のカンパナス塔、1585年に建てられ今では市庁舎の一部となっている、アルオンディガ建造物も見逃せません。ミランダ・デル・カスタニャルでは、昔あった5つのうち2つの礼拝堂が保存されています。城壁に囲まれた場所であった、ウミジャデロ礼拝堂とビルヘン・デ・ラ・クエスタ礼拝堂です。