Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アリカンテにあるハベア(バレンシア州)

ハベア/シャビア

Alicante-Alacant

サン・アントニオ岬とナオ岬の間に位置するハベアは、アリカンテのコスタ・ブランカでも指折りの観光地のひとつです。

海岸線から2キロメートルの場所にある歴史地区には、地元の建築物の美しい例や、町の中心である サン・バルトロメ教会などの有名なモニュメントが隠されています。このアリカンテの町の最大の魅力のひとつは、長い海岸線が提供しているものです。長く延びる 20キロメートル以上の砂浜と静かな入り江 では、海水浴を楽しんだり、じつに多様なウォータースポーツを実践したりできます。

ナオ岬 からカラ・グラナデ―リャまで、ハベアが有する全長20キロメートルのビーチと入り江は、太陽、海、ウォータースポーツを楽しむのに恰好のスポットです。アリカンテのコスタ・ブランカにあるこの町で最も観光に適したスポットは、港湾地域です。数多くある宿泊施設、レストラン、レジャーに加えて、この港でセーリングやウィンドサーフィンなど、あらゆる種類のウォータースポーツを実践したり、 デニアへのボートトリップを楽しんだりすることができます。ハベア沿岸で最もシンボリックなスポットのひとつに エル・アレナルビーチ があります。フォンタナ運河に隣接するこの場所の、ビーチのすぐそばという恵まれたロケーションに パラドール・デ・トゥリスモコスタ・ブランカ」が立っています。ポルティチョル の島々とデスクブリドール島の間は、沿岸地帯で最も美しい区域のひとつと言えるでしょう。この区域の澄んだ水と素晴らしい海底は、スキンダイビングを実践する理想的な場所です。この水中スポーツは、 カラ・グラナデーリャ でも盛んです。細かい金色の砂の入り江は、ハベアの海岸で最も人気のあるスポットのひとつです。

モンゴ山塊のふもとの平原に位置するハベアの歴史地区は、海賊による攻撃に対する防御として建造された、イサベルゴシック様式の美しい建物、 サンバルトロメの要塞教会を中心として、内陸に向かって発達しました。歴史地区の通りでは、家の格子や「粗野な」石のリンテルなどの要素が特徴の地元風の建築が立ち並び、訪問者の注目を集めています。市内中心部のツアーでもうひとつ、絶対に予定に入れなければならないのは、町の過去について学ぶことができる 考古学民族学博物館への訪問です。一方、港湾地域では、船のキールに似せて造られた ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート教会に足を運ぶ価値があります。 

グルメ、祭り、周辺地域

ハベアガストロノミーは、 地中海式ダイエットにふさわしい食品をベースにしたものです。バレンシアの他の町と同様、食材のスター選手はお米です。最も有名なレシピと言えば、おそらく パエリア ですが、ここでは豆とカブ入り、またはオーブン焼きにして出されます。地元の は、煮たり揚げたり、スープ風にしたりして食卓に上ります。ニンニクとオイルをベースにした、かの有名な アリ-オリソースが、いろいろな料理に添えられます。アーモンド、レーズン、イチジク、オレンジはこの地域特産の果物であり、アリカンテのデザートとして普段からよく食されています。アーモンドケーキ、トゥロン、アイスクリームなどは、格別食欲をそそります。ハベアでは、こういった食べ物のお供に、アリカンテの 原産地呼称 付きワイン、ミステレタ (甘口ワイン)、そしてオルチャータ(タイガーナッツから作るソフトドリンク)を提供しています。ハベアの祝祭カレンダーに関して言えば、この町には7月16日に ビルヘン・デル・カルメンを祝う祭りがあります。数日後、その月の最後から二番目の週末には、 イスラム教徒とキリスト教徒の祭りが開催されます。ハベア周辺には観光を楽しめそうな場所が多数存在します。自然環境に大きな関心を寄せる人には、点在する灯台と カボ・デ・サン・アントニオ海洋自然保護区 への遠足をおすすめします。さらに、 モンゴ自然公園まで足を延ばしてみましょう。モンゴ自然公園は、山の断面が地中海に落ち込み崖が形成された、感慨深いスポットです。マリーナ・アルタの首都、 デニアなどの魅力的な町を訪問することもできます。ナオ岬の反対側に進むと、 テウラダが姿を現します。一方、ペニョン・デ・イファク自然公園のそばには、史跡遺産の保存と観光インフラという二つの要素を上手に両立させ調和を保っているカルぺという街があります。もうひとつ、コスタ・ブランカの興味深い記念碑的な町といえば、マリーナ・バハの首都である ビジャホヨサでしょう。そして、アイタナ山脈を越えた内陸部の北方では、 コセンタイナでの散策を楽しむことができます。コセンタイナは、陶製タイル張りの家とイスラム教徒が建設した通りがある、中世の要所だった町です。アリカンテの山は他にも、北面に険しい起伏がある カラカル・デ・ラ・フォント・ロハ自然公園と、中世の地区で 国際重要観光祭に認定されたイスラム教徒とキリスト教徒の祭りが毎年復活するアルコイの町を提供しています。