Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
グラウスのマヨール広場の装飾が施されたファサード(アラゴン州ウエスカ)

グラウス

Huesca

グラウスの町の中心部は、多数の歴史的遺跡が残る観光地です。知識人ホアキン・コスタは、この場所で生まれ、亡くなりました。

グラウスで最も重要な祭りは国家重要観光祭に認定されており、サント・クリストとサン・ビセンテ・フェレールに敬意を表して、9月12日から15日まで開催されます。この町はトリュフ市場で国際的に有名です。また、数百年前から続いている様々なフェアが1年を通して開催されています。

建築では、モラール岩の下から町全体を見下ろすビルヘン・デ・ラ・ペーニャ大聖堂が特に有名です。1538年に建設が開始され、ルネッサンスの美しい玄関と、都市部全体を見渡せる優雅な屋根付きポーチが見どころです。都心部には、市庁舎や活気に満ちた新古典派の壁画装飾が施されたマヨール広場をはじめとする魅力的なスポットが多数あります。町の最も古い部分であるバリチョスでは、16世紀のムールやソラナスのような先祖代々の家がコレチェ広場で見ることができます。また、この一帯の端には1589年に建てられた古い城壁の囲いの門があります。また、サンミゲル教区教会は、もともとはロマネスク様式の建物でしたが、重なる改造工事により、その外観が損なわれてしまいました。 内部には15世紀後半の重要なゴシック様式の絵板が保存されています。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。