Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
レオン、ウメド地区の夜景

ウメド地区

León

ウメド地区は、レオン市内の中世歴史地区で最も活気のあるエリアのひとつであり、多数の居酒屋、バル、レストランで有名です。

アンチャ通りと大聖堂の右側に位置するウメド地区は、バルをはしごしてタパスをつまむ習慣を実践するのにうってつけです。バルからバルへと移動しながら、ドリンクと一緒に無料で提供されることが多い定番タパス料理を少しずつ試してみましょう。多数のバルがモルシージャ(豚の血入りソーセージ)など、特定の食品を店のスペシャリティとしており、厚いガラスで作られた独特のグラスで土地のワインを味わうことができます。タパスの後は、そのレストランのいずれかで食事をすることをお勧めします。 この地区は、一般にティエンダス広場の名で知られるサン・マルティン広場の周辺に広がっています。地区の通りの名は、元は同業者組合にちなんでつけられたものです。サパテリアス(靴職人)、プラテリアス(銀細工職人)、アサバチェリア(黒玉彫り職人)など、たくさんの路地や広場が作り出す心地よい雰囲気を感じながら、市場や商店の活気に誘われるがままに散歩をしてみる価値があります。 夜間は、若者が良く使うミーティングポイントとなります。

ウメド地区


Barrio Húmedo

24003  León, レオン  (カスティージャ・イ・レオン)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問