Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

サンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオン小大聖堂

Cádiz

家々の間で漆喰により作られた白の純粋さと単純さの間に、ムデハル、ゴシック、プラテレスク、ルネッサンスとバロックの各様式を豊かに、そして気楽に混ぜ合わせた大聖堂教会が建立されています。

現在のサンタ・マリアデ・ラ・アスンシオン・デ・アルコス・デ・ラ・フロンテーラ大聖堂の主な外観は、15世紀から16世紀にかけて行われた建設工事によるものです。ムデハル様式の詳細を一方において、末期ゴシック様式とプラテレスク・ルネッサンス様式への移行期間が、この寺院の建造時期となります。ハレンキルヘであり、高さが同じ身廊が3つと、ディエゴ・デ・リアニョ建築士が設計し - フアン・ヒル・デ・オンタニョンとアロンソ・ロドリゲスの協力を得て - その後マルティン・デ・ガインサの作品に受け継がれる、素晴らしいシュヴェが備わっています。その内部は完全に末期ゴシック様式のものである一方、ルネッサンス様式は、特にプラテレスク様式の素晴らしい正門において存在感があります。未完成の塔や飛び梁は、バロック時代(17~18世紀)のものです。  

サンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオン小大聖堂


Calle Deán Espinosa, 1

11630  Arcos de la Frontera, カディス  (アンダルシア)