Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂。テルエル

サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂

Teruel

テルエルにおけるイスラムの影響。


塔や屋根、そしてドームは、ユネスコの世界遺産の一部に指定されています。

この寺院は、サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ教会の上に建造されました。1171年に建造された以前のロマネスク構造を拡張した結果、粗石積みとレンガの身廊3つを有しています。モーロ人ジュザフが、ロマネスク様式の後陣をゴシック・ムデハル様式のものに立て替える工事の責任者となり、主祭壇画が今でも保存されています。ムデハル様式の塔は13世紀のもので、尖頭筒形ヴォールトでカバーされており、外の通りに抜けられる内部の通路があります。正方形のフロアで、陶磁器でふんだんに飾られた3つの部分から構成されています。枠組みのある身廊の、非常に価値の大きい格間の建築と装飾は、この時代を最も表現しているものです。32mの長さがあり、14世紀に由来するものです。中央の身廊のドームは、16世紀のものです。

サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂


Plaza de la Catedral s/n

44001  Teruel, テルエル  (アラゴン)

おすすめプラン

次の訪問