新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

サン・マルティン教会と塔

Teruel

町へと続く道

1196年にはすでに存在していたとされるテルエルの聖マルティン教会ですが、現存する建築は17世紀に建てられたものです。

三廊式の外陣と周歩廊のある内陣を有する教会建築。中央の身廊の天井には尖頭型のトンネル・ヴォールトが、また側廊には交差ヴォールトが採用されています。最も古い部分は、1315年に建造されたゴシック・ムデハル様式の鐘楼で、レンガとタイルで美しく飾られています。基部には尖頭ヴォールトのアーチがあり、通りへとつながっています。

サン・マルティン教会と塔


Plaza Pérez Prado, s/n.

44001  Teruel, テルエル  (アラゴン)

おすすめプラン

次の訪問