Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

サモラの城壁

Zamora

サモラは「巧みに囲まれた街」として知られていました。これは、街に築かれた三重の城壁により、サモラがドゥエロ川の河畔の戦略上の要所になったためです。一つ目の城壁が最も重要な役割を果たしています。11世紀、フェルナンド1世の時代に、アラブのかつての要塞跡に建造されました。環状地区を形成し、サモラの歴史地区はここに広がっています。入口の門がいくつかあります。最も注目されるのは「オリバレスの門」で、この門を通って大聖堂や司教館へと進んでいきます。歴史地区の反対側には、北門、別名「ドーニャ・ウラカの門」があります。3つ目の門は忠誠の小門(旧名背信の小門)「ポルティーリョ・デ・ラ・トライシオン」。国王サンチョ2世の暗殺後、勇者エル・シッドに追われたベリィード・ドルフォスが通ったのがこの門です。

サモラの城壁


49014  Zamora, サモラ  (カスティージャ・イ・レオン)

おすすめプラン

次の訪問