新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

パンプローナ大聖堂

Navarra

優れた宗教建築

12世紀のロマネスク様式の建物を基礎に1397年カルロス高潔王によって建設が始められ、1501年に完成しました。主祭壇にはサンタ・マリア・ラ・レアル聖母の像が飾られ、ナバーラ王国の王たちはこの聖母の前で誓いを立てたのでした。

14~15世紀のゴシック式カテドラルですが、正面ファサードが新しいので戸惑うとスペイン人は言います。もっとも新しいと言っても18世紀のものです。中に入るとカテドラル特有の、あの身のひきしまるような厳かな雰囲気に加えて、パンプロナの人たちは中庭に面した回廊のの静かなたたずまいが白慢です。カテドラル横手のレディン通り(Calle del Redin)を歩いてみましょう。今では格好の見晴らし台になっている城壁に出られます。

パンプローナ大聖堂


Calle Curia, s/n

31001  Pamplona-Iruña, ナバーラ  (ナバーラ特権州)

Eメール:museo@catedraldepamplona.com TEL::+34 948212594 TEL::+34 676896047 Webサイト://www.catedraldepamplona.com/
イベントカレンダー

展覧会とアクティビティ


おすすめプラン

次の訪問