Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カサ・デ・ラ・ピア・アルモイナ。バルセロナ

カサ・デ・ラ・ピア・アルモイナ

Barcelona

バルセロナ大聖堂の別館で、司教区美術館のある建物


ゴシック様式とルネッサンス様式のふたつの部分に分かれた構造。司教区美術館を併設

カサ・デ・ラ・ピア・アルモイナに関する最初の記録は935年にさかのぼり、この年、聖アウグスティヌスの戒則の司教座聖堂参事会員の共同体のための住居として建設されました。1400年に取り壊され、その跡地に数年後、慈善機能を果たす場所として再建。今は1435年頃に建設されたゴシック様式部分、1546年に増築されたルネサンス様式部分のふたつの部分で構成されています。現在、この建物には司教区美術館が入っており、教会の所有物で、ロマネスク様式やゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式に属する、興味深いコレクションを所蔵。なお、最近の改築は1989年です。

カサ・デ・ラ・ピア・アルモイナ


Avda. de la Catedral, 4

08002  Barcelona, バルセロナ  (カタルーニャ)

おすすめプラン

次の訪問