Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

聖母被昇天教会(ブハランセ)

Bujalance

Córdoba

その規模により知られている「農村の大聖堂」には、ピサの斜塔のように多少傾いている塔がオリーブ畑の中心にあります。

ゴシック・ルネッサンス様式の寺院(15~16世紀)で、モスクや13世紀の初期キリスト教教会跡の敷地に建設されました。この建設作業を主に引き受けたのは、コルドバのエルナン・ルイス建築士一家で、アンダルシアのルネッサンスの主人公となりました。教会には幅広く長い身廊3つと、尖ったアーチやリブボールトなどのあるゴシック様式のシュヴェから構成されています。側面には礼拝堂があり、内部にはルネッサンス様式の主祭壇画や、バロック様式の付属礼拝堂や聖櫃礼拝堂(18世紀)があります。外部では、俗に「アスパラガス」として知られている55mのレンガ作りの細い塔(1611~1788)に加え、2つの入口が特徴です。主な入口はカルメル会修道院跡からのもので、勝手口はバロック様式(18世紀)のもので、バラ色の大理石の上に作られています。

聖母被昇天教会(ブハランセ)


Plaza Santa Ana, 2

14650  Bujalance, コルドバ  (アンダルシア)

TEL::+34 957171289 Webサイト:http://www.cordobaturismo.es
おすすめプラン

次の訪問