Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バエサ大聖堂

バエサ大聖堂

Jaén

サン・イシドロの寺院


ローマ神殿があり、後にモスクとなった場所の上に建設され、フェルナンド3世の治世下で、サン・イシドロの名前の下でキリスト教徒の礼拝場所となりました。

この寺院は数多くの改築を受けたたため、さまざまな時代の要素がありますが、現在支配的な要素はルネッサンス様式です。シュヴェの最初の2つの部分では、ゴシック様式の柱とリブヴォールトがあります。外部には2つの門が保存されています。ゴシック様式の赦しの門と、ムーア文化の影響を受けた月の門です。内部ではサグラリオ礼拝堂、以前の聖歌隊席、そして聖具保管室の柵が特筆でき、前者2つはルネッサンス様式、最後はゴシック様式です。回廊もゴシック様式であり、ムデハル様式の礼拝堂2つとゴシック様式の礼拝堂1つがあります。黄金の礼拝堂は、この大聖堂で一番重要なものです。イタリアの影響が明らかなルネッサンス様式です。

バエサ大聖堂


Plaza de Santa María, s/n.

23440  Baeza, ハエン  (アンダルシア)

Eメール:catedralbaeza@artisplendore.com TEL::+34 610 18 73 34 Webサイト:https://catedraldebaeza.es/cultural-visit/
おすすめプラン

次の訪問