65の検索結果のうち1から12を表示

マラガのピカソ美術館の外観
芸術と文化 | Málaga

ピカソのマラガ

マラガ は、パブロ・ピカソが幼少期を過ごした街です。当時の雰囲気と日常生活が、フラメンコ、鳩、雄牛など、彼の絵画で繰り返し使われたテーマのいくつかを生み出すことになったのです。彼の生まれ故郷、マラガの街の通りを歩き、その作品と、偉大なスペイン人アーティストに強烈な印象を与えたスポットを探索しましょう。

Euskalduna Conference and Music Centre
都市観光 | Bilbao

ビルバオ:北スペインの美食、芸術、歴史の街

ビスカヤ県都に着くと、パピーが親切にお出迎えです。このカラフルな花の犬が、ビルバオ グッゲンハイム美術館で歓迎しビルバオの歴史を知るべくルートへと誘います。しかし、フランク・ゲーリーによってデザインされ、チタンパネルを使用した現代美術館は、このスペイン北部の街がかつて工業都市であり、このスペイン北部の街には、他にも訪れるのにふさわしいスポットがあることを思い起こさせてくれます。

大聖堂近くの観光客、シウタット・ベジャ、バレンシア
都市観光 | Valencia

ビーチだけではない、バレンシアの見所

「ラ・テレタ」の愛称で広く知られているバレンシアに来ると、バレンシア州の州都で実現できるプランと訪れるべき場所の数に驚くことでしょう。地中海のこの一角では、海よりもはるかに多くのプランを実現できます。デザイン、グルメ、文化、伝統が、旅行を忘れられないものにするための重要な要素となることでしょう。

バレンシアのファジャスの衣装
ルート | Valencia

バレンシアのシルクロード

シルクロードは、バレンシアにおける布やその取引の重要性を紹介しています。 絹に関して欧州でも主な記録を有し、18世紀の絹の布や機織機の重要なコレクションを擁する街です。バレンシアは毎年その祭典で、この繊維で編み上げられた典型的な衣装で絹の伝統的な縫製を再現しており、この街の絹の取引センターだった場所を保存しています。世界遺産に指定されているラ・ロンハです。

バレンシアの歴史地区
都市観光 | Valencia

バレンシアを訪れるさまざまな方法

バレンシアは、立ち寄る価値のある都市です。再度の訪問で細部を知り、最初の旅で見落としていたスポットを新たに発見しましょう。有名な芸術科学都市を訪れる、またミゲレテ塔に登ることは何度でもお勧めです。日当たりの良い広場や市場で足を止めて雰囲気を楽しみ、モニュメントが隠し持つ伝説を発見し、カバニアルなど人気が再浮上した地域に行ってみる。そしてアルブフェラで地中海の光がどのように街の全てを包み込むのかを観察したりして、大満喫の訪問にしましょう。違った角度から街にアプローチできる魅力的で個性派のアクティビティをお探しであれば、これからご紹介するプランをご参照ください。

カセレスの全景、エクストレマドゥーラ
都市観光 | Cáceres

カセレスを2日間で満喫する

カセレスはスペインにある世界遺産の町の一つです。ヨーロッパで3番目に大きい史跡群を有し、中世の道、広場、宮殿、城壁は最高の状態で保存されており、訪れる人々をルネッサンス時代へと誘います。 カセレスには多くの見どころがありますが、この記事では2日間で絶対に見たい場所をご紹介します。メモをとってください!

表示中

65の検索結果のうち1から12を表示