Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
スパイス

メリージャの料理

メリージャ

メリージャ

メリージャ、地中海の西部と東部の味

古代フェニキア人のルサディールは、ナバラがカスティーリャ王国に編入される前からスペインであったことを誇る商業帝国であり、ルシヨンがフランス領になる1世紀半前、アメリカ合衆国が存在する3世紀近く前から、コスモポリタンな街です。この都市は、グラナダを占領した後、カトリック両王が北アフリカ沿岸からの侵略の可能性に備えて、海峡の反対側に基地を設置するために征服しました。

メリージャでは、スペイン人、アラブ人、ユダヤ人、ヒンズー教徒が共同生活をしています。キリスト教(公現祭、聖週間、聖母ピラール、クリスマス)、イスラム教(ラマダン、生け贄の饗宴、預言者ムハンマドの誕生)、ユダヤ教(プリム、ペサハ、シャブオット、ローシュ・ハッシャーナー、ヨム・キプル、仮庵の祭り)、またはヒンドゥー教(ララ・ロイ、ホーリー祭り - 4月15日に行われる色の祭り - ラーマ・ノーミ、ラクシャー・バンダン、ヤナム・マスティミ、ガンディの誕生とディパバリ)が祝われます。

多彩な料理

多様な文化が存在することで、毎日のように様々な料理が登場し、それぞれのお祭りの中で最高の輝きを放っています。スペインと地中海料理は、アンコウ、レッドフィッシュ、カサゴ、エビなどをニンニク、ピーマン、トマトで煮込んだ魚の煮込み、昔を思い起こさせるアンコウのルサディール風煮込み、アンコウ、カジキ、エビ、アカザエビなど様々な魚を細かく刻んで湯煎で調理し、パン粉、オロロソシェリー酒、挽いた胡椒、クリーム、卵を入れてケーキ型に成形し、最後にマヨネーズとエビやアカザエビの丸ごと一匹を飾った漁師のケーキなどがあります。ベルベル料理では、サフラン、クミン、胡椒、パプリカ、パセリ、コリアンダーで味付けされたムーア風ラムの串焼き、ラム肉のみじん切りと野菜やスパイスを混ぜ合わせた美味しい典型的なクスクス、鶏肉、玉ねぎ、油、ムーア風スパイス、シナモン、パセリ、ニンニク、コリントレーズン、ドライプラム、砂糖、アーモンド、シナモンを使った面白い料理であるコリント風ヌードルなどがあります。インドのサモサは、ジャガイモ、エンドウ豆、玉ねぎ、新鮮で乾燥したコリアンダー、クミン、レモン汁で作られた生地を詰めた、小さくておいしいサクサクした三角形の形をしたパイです。ヘブライ起源のペスカード・コチョ(コーシャ?)は、角切りにした堅身の魚(ハタ、アンコウ、スズキ)を塩、パプリカ、ニンニク、コリアンダーで味付けし、ピーマン、トマトと一緒に少量のオイルスープで液がなくなるまで煮込んだ非常に美味しい料理です。カラーオムレツもヘブライ起源で、卵の黄色とエンドウ豆の緑、人参の赤、マッシュポテトの白が交互に入っています。

文化の共存

ヘブライのクッキー、モロッコの唐辛子とニンジン、インドのスパイス、仔牛のタンなどを使って、「四つの共同体」と呼ばれる絶妙なシチューが作られますが、これは非常に美味しいだけでなく、これらの文化の共存の象徴でもあります。また、オレンジから作られたオレンジケーキがあります。その果肉とクローブを使ってジャムを作り、オレンジの皮に3分の1ほど詰め込みます。カスタードをたっぷり入れ、卵白と砂糖を溶いたものにアーモンドを散りばめたメレンゲを添えます。冷蔵庫で冷やしておき、盛り付けの瞬間に挽いたシナモンを少し加えます。

セウタとメリージャのクリスマス料理

セウタとメリージャはスペインの2つの自治都市で、北アフリカに位置しています。まさにその立地条件が料理に反映されており、クリスマスメニューに影響を与えているのがよくわかります。例えば、メリージャではブリワットがとても一般的です。甘いもの、辛いものもあり、シーフードや肉、鶏肉などの具材が入っているパイです。トゥロン、マジパン、ポルボロン、アラブのお菓子などがテーブルを埋め尽くしていることからも、文化の混ざり合いは明らかです。

おすすめプラン

その他の興味があると思われるレシピ